クロエ・グレース・モレッツ主演最新作『シャドウ・イン・クラウド』(4月1日公開)より特別アクション動画2種が解禁された。“ヒット・ガール”以来のクロエ・グレース・モレッツのアドレナリン全開アクションがフィーチャーされている。

『キック・アス』のヒット・ガールを彷彿させるクロエの肉弾戦アクション

本作は、第2次世界大戦下、連合国軍女性パイロット、モード・ギャレットが、上空で“大空の魔物”グレムリンと遭遇し、高度2500メートルの極限サバイバルを繰り広げるジェットライド・サスペンス・アクション。

今回解禁された特別動画は2種。“クロエ・グレース・モレッツ VS 日本軍零戦”の闘いを捉えたのが「空中戦編」。

クロエ扮する連合空軍パイロットのモード・ギャレットは、フールズ・エランド号と命名されたB-17爆撃機内に乗り込む。突如3機の日本軍零戦に襲撃されたモードは、「容赦しないわ」と零戦を目掛けて機銃を連射! 機体にぶら下がりながら零戦の猛攻を凌ぐが、ついには高度2500メートルの上空から落下してしまう…。

もう一つの「肉弾戦編」が映し出すのは“クロエ・グレース・モレッツ VS 大空の魔物グレムリン”の壮絶バトル!

ボール・ターレットと呼ばれる銃座の中に閉じ込められたモード(クロエ)に、正体不明の生物が襲いかかってくる。鋭い鉤爪を持つその生物は、かねてから空軍兵士の間で噂になっている“大空の魔物”グレムリンだった。爆撃機内でグレムリンと死闘を繰り広げ、ついには地上でグレムリンと素手で戦うモード!『キック・アス』のヒット・ガールを彷彿させるクロエの肉弾戦アクションは必見だ。

『シャドウ・イン・クラウド』は4月1日(金)新宿ピカデリーほか公開。

作品情報

シャドウ・イン・クラウド
2022年4月1日(金)新宿ピカデリーほか公開

ストーリー
第2次世界大戦中の1943年。連合国空軍の女性大尉モード・ギャレットが、フールズ・エランド号と命名されたB-17爆撃機に乗り込んだ。上官からの密命を帯びたモードの任務は、極秘の最高機密をニュージーランドからサモアへ運ぶこと。オール男性の乗組員たちから卑猥な言葉を浴びせられながらも、ひたむきにミッションを遂行しようとするモードだったが、銃座の窓から機の右翼にまとわりつく、謎の生物を目撃する―。そしてある重大な秘密を隠し持つ彼女が、この爆撃機に乗った本当の理由とは……。

監督:ロザンヌ・リャン 出演:クロエ・グレース・モレッツ、ニック・ロビンソン、ビューラ・コアレ、テイラー・ジョン・スミス

2021年/ニュージーランド・アメリカ/英語/カラー/SCOPE/5.1ch/83分/字幕翻訳:額賀美雪/原題:SHADOW IN THE CLOUD

配給:カルチュア・パブリッシャーズ

© Ātārangi Kiriata Limited 2020

公式サイト shadow-in-cloud.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事