インド滞在期のビートルズの知られざる素顔に迫るドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(公開中)のトークイベントがザ・ビートルズのレコードデビュー記念日である10月5日(水)に開催されることが決定した。ザ・ビートルズ研究家・藤本国彦と日本人初ザ・ビートルズ単独取材の編集者・星加ルミ子が登壇する。

イベント回限定の入場特典として、メンバー個別ポストカードを4枚セットで配布予定

本作は最高傑作『ホワイト・アルバム』を生んだインド滞在期のビートルズと奇跡の8日間を過ごしたポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー。1968年、23歳のポール・サルツマン監督は、失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩く。そこで思いがけず出逢ったのは、世界的ロックバンド「ザ・ビートルズ」のジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人だった。サルツマンが瞑想を学びながら、カメラに収めたビートルズと過ごした奇跡の8日間が、50年以上の時を経て初めて明かされる。

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』

9月23日より日本公開された本作は、熱烈なファンが殺到しミニシアターランキングで初登場2位を記録、全国の劇場でグッズが完売するなど大盛況となっている。今回、日本での大ヒットを祝して、ザ・ビートルズのレコードデビュー記念日である10月5日(水)に、4人を知り尽くしたスペシャルゲストを招いてのトークイベントの開催が決定した。

イベントには、ビートルズ研究家として数多くの関連書籍の出版やイベント、講座などを手掛け、本作の字幕監修も担当した藤本国彦と、日本人ジャーナリストとして初のザ・ビートルズ単独独占取材を成功させたミュージック・ライフ元編集長・星加ルミ子が登壇する。

作品の見どころを始め、長年ザ・ビートルズを追い続けてきた第一人者ならではの視点で掘り下げる。さらに、イベント回限定の入場特典として、初週来場者プレゼントとして配布されたメンバー個別ポストカードを4枚セットで配布予定となっている。イベント後には、ゲストによるサイン会も実施予定。

チケットの販売は、10月3日(月)よりヒューマントラストシネマ渋谷劇場窓口および公式サイト (https://ttcg.jp/human_shibuya/)にて開始となる。

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は大ヒット上映中。

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』
大ヒット記念トークイベント実施概要

【日程】10月5日(水) 16:00 上映回終了後
【場所】ヒューマントラストシネマ渋谷 オデッサシアター(東京都渋谷区渋谷 1-23-16 ココチビル 7・8F)
【登壇者】藤本国彦、星加ルミ子 ※敬称略

作品情報

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド
2022年9月23日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺、新宿バルト9ほか全国順次公開

STORY
1968年、23歳のポール・サルツマン監督は、失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩く。そこで思いがけず出逢ったのは、世界的ロックバンド「ザ・ビートルズ」のジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人だった。サルツマンが瞑想を学びながら、カメラに収めたビートルズと過ごした奇跡の8日間が、50年以上の時を経て初めて明かされる。

監督・脚本・製作:ポール・サルツマン ナレーション:モーガン・フリーマン 製作総指揮:デヴィッド・リンチ
出演:デヴィッド・リンチ、パティ・ボイド、ジェニー・ボイド、マーク・ルイソン、ルイス・ラファム、ローレンス・ローゼンタール、リッキ・クック、ハリプラサード・チョウラシア、デヴィアニ・サルツマン 2020年/カナダ/英語/79分/カラー/1.78:1/5.1ch
原題:Meeting The Beatles in India 字幕:大西公子 字幕監修:藤本国彦 配給:ミモザフィルムズ

© B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

公式サイト http://mimosafilms.com/beatles/ 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事