11月9日(水)〜13日(日)にBunkamuraル・シネマにて開催される、香港特別行政区設立25周年記念映画祭「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」の全8作品の見どころを凝縮した予告編が解禁された。

『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』
©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved. 
写真展「香港映画のナビゲーターたち」など関連イベントの詳細も決定

今年2022年、香港特別行政区は設立25周年を迎えた。「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」は、エキサイティングで活気あふれる国際都市・香港が迎えた大きな節目を記念し、日本未公開作品を含めた選りすぐりの香港映画8本を上映する、香港特別行政区設立25周年記念映画祭。本映画祭は、イタリア・ウディーネ、インドネシア・バリ、イギリス・ロンドン、タイ・バンコク、オーストラリア・シドニー、デンマーク・コペンハーゲンなど、世界各地を巡回しており、この秋、東京にて待望の日本開催となる。

このたび解禁された予告編の幕開けをかざるのは、今回2Kデジタル・リマスター版が日本初スクリーン上映となる『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(1987)のレスリー・チャン。彼を皮切りに、今回上映される8作品が次々と紹介されていく。

このたび日本初公開となる新作映画は、三兄弟と三人の女性が織りなすお料理コメディ『6人の食卓』(2022)、香港の4大映画会社が共同製作し、4人の新人監督が共同監督を務めた香港返還25周年記念作『同じ空の下』(2022)、1秒先を予知できる能力を活かしてボクサーとなった男が人生の再起をはかるドラマ『ワン セカンド チャンピオン』(2021)、視覚障害者の両親のもとに生まれたジュディ・チュウ監督が自身の経験をもとに親子の絆を描いたヒューマン・ドラマであり初監督作『サンシャイン・オブ・マイ・ライフ』(2022)の4作品。

『6人の食卓』
©2022 Edko Films Limited, Irresistible Beta Limited, One Cool Film Production Limited. All Rights Reserved.

さらに、今年2022年春の大阪アジアン映画祭で上映されるや大好評を博し、今年2022年香港電影金像奨最優秀主演男優賞(パトリック・ツェー)を受賞した『黄昏をぶっ殺せ』(2021)が東京で初めて上映されオープニングを飾る。

また、昨年の東京国際映画祭で上映されるやその圧倒的な映像世界が絶賛された『リンボ』(2021)、今年の東京国際映画祭「ガラ・セレクション部門」でも上映される『神探大戦』(2022)がここでもお披露目され、世界的に評価された話題作から、これからの香港映画界を担う期待の新人監督作品まで、ここでしか見られない個性豊かな8本が一堂に会した。

また、10月22日(土)~30(日)にHIBIYA CENTRAL MARKETテントギャラリー(東京ミッドタウン日比谷)にて、そして11月5日(土)~13日(日)にBunkamura 1階エレベーターホールにて開催する「香港映画のナビゲーターたち」と題した写真展の詳細も決定。

過去25年間で200本近い香港映画のスチル撮影に携わった、香港出身の4人の写真家ジュピター・ウォン(木星)、ウォン・ワイロン(王偉倫)、クイスト・ツァン(曾覓)、シャロン・サラダ(李詩卉)の仕事にスポットをあて、一挙紹介する貴重な写真展となる。

撮影:ウォン・ワイロン「捜査官X」(2011)
©We Destribution Ltd.

記憶に残る香港映画のシーンのスチルをあつめた、「映画再創作」、撮影現場での監督やスタッフたちの仕事に迫る「撮影現場の監督たち」、香港映画を彩るスターたちが登場する「アベニュー・オブ・スターズ」、4人の写真家の才能に迫る「無名英雄」などをテーマに構成している。

ドニー・イェン『イップ・マン 序章』(2008)、金城武『捜査官X』(2011)やアニタ・ムイ主演『半生縁』(1997)、『少年の君』(2019)、本映画祭上映作品の『リンボ』(ウォン・ワイロン撮影)など、新旧の傑作が並び香港映画ファン必見だ。

さらに、関連イベントとして、HIBIYA CENTRAL MARKET「一角」(東京ミッドタウン日比谷3F)とコラボが決定。10月22日(土)より、香港を味わえる期間限定メニューが登場する。名物のから揚げに、香港のXO醤使ったソースを会えた「香港風XO醤唐揚げ」、サテソースで牛肉を煮込みゆでた麺にかけた「サテビーフ麺」、「海老と卵の炒めもの」、「香港式冷やしトマト」など、食でも香港の今を感じること間違いなし。さらに、期間中、ドリンクをオーダーされた方に、『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』の映画スチールを使用したコースターを配布する(全4種。ランダムで配布されますので予めご了承ください。期間限定・数量限定)

開催情報

香港特別行政区設立25周年記念映画祭
「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」
開催期間:2022年11月9日(水)〜13日(日)
会場:Bunkmamuraル・シネマ
※全て日本語字幕付き上映

◎チケット料金:800円均一(税込)
※チケットは日時・座席指定券です。 ※ご購入後の変更・払戻しは承れません。
※特別上映のため、学生・シニア等各種割引はございません。

◎購入方法:
オンライン  MY Bunkamura
https://www.bunkamura.co.jp/mybunkamura/
※ご鑑賞日の3日前0:00から各回の上映1時間前まで販売。
※「MY Bunkamura」への事前登録(無料)が必要です。

劇場窓口
※ご鑑賞日の3日前から販売。(劇場窓口受付時間10:00~20:00)
※オンライン販売で完売になった上映については劇場窓口での販売はありません。

【関連イベント】
写真展「香港映画のナビゲーターたち」開催 *都内2会場にて開催
① 開催期間:2022年10月22日(土)〜30(日)
会場:HIBIYA CENTRAL MARKETテントギャラリー(東京ミッドタウン日比谷3階)

② 開催期間:2022年11月5日(土)〜13日(日)
会場:Bunkamura 1階エレベーターホール(東京・渋谷)

主催:香港特別行政区政府 創意香港/共催:大阪アジアン映画祭/協力:香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部/企画・運営:香港国際映画祭/特別協力:Bunkamura 

公式サイト makingwaves.oaff.jp 


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事