ペドロ・アルモドバル監督最新作『パラレル・マザーズ』が本日11月3日(木・祝)よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開。このたび、主演を務めたペネロペ・クルスのインタビュー及び特写が解禁となった。

「小さな赤ちゃんの顔を見たとき、私自身の子供の誕生のときの感情がよみがえりました」

本作は、偶然同じ日に母となった主人公ジャニス(ペネロペ・クルス)と17歳のアナ(ミレナ・スミット)が辿る数奇な運命と不思議な絆を描いたヒューマン・ドラマ。『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥー・ハー』『ペイン・アンド・グローリー』のペドロ・アルモドバル監督が、年を重ねるごとに重要となっていったテーマ「スペイン内戦」も、監督らしいアプローチで人生のドラマの中に織り込み、深く広い多様な世界観を作り上げている。

冒頭の出産シーンについてペネロペ・クルスは次のように振り返る。「ペドロ(・アルモドバル監督)とはこのシーンについてもたくさん話し合いました。彼は出産経験がないので私たち全員や周りの出産経験のある女性たちに質問をしていたんです。どんなことが起こりうるのか、どんな問題が考えられるか、すべてを知ろうとしていました。出産に伴う陣痛は数分おきに起こっているときはともかく、いきむ時期が近づくにつれて、次から次へと起こってくるんです。ですから、それについては何度もペドロと話し合いました」。

重要なシーンから些細な部分まで気になることがあればアルモドバル監督はとことん周囲と話し合うことを好むらしい。本作の現場においても例外ではなくペネロペや他のキャスト、スタッフと出産シーンについて深く話し合ったという。

ペネロペにとってこの誕生シーンでは自身の経験が思い起こされたそうだ。「小さな赤ちゃんの顔を見たとき、その瞬間に私自身が経験したすべての感情、つまり子供の誕生のときの感情がよみがえりました」と母親としての一面を覗かせる。「出会ったばかりとは思えません。妊娠中の9カ月間を経て、ずっと一緒にいるような、自分の一部であるような気がするんです。だからあのシーンで一番感動したのは、本物の赤ん坊を私の上に乗せたときね。そしてその赤ちゃんはとてもかわいかったんです」。

実生活では2010年に俳優ハビエル・バルデムと結婚し、11年に第一子、13年に第二子を出産している。結婚生活は10年ちょっとだが、知り合ったのは二人がもっと若いころ。「私が17歳、彼(ハビエル)が21歳のとき。映画『ハモンハモン』(1992)で知り合ったのでもう30年前ということになりますね、長い(笑)」。

これまでに4作品共演しているが、今後の共演の可能性について問われると「彼(ハビエル)はとても素晴らしい俳優だと思います。彼と一緒に仕事をするのは大好きです。でも毎年やりたいと思いません。それはつまり“たまに”ならですかね。ベストな作品があり、ベストなタイミングであれば共演するつもりです。でも常に一緒にやることを見つけようとは思っていません。ある意味、関係を守ろうとする自然な反応なのだと思います」と答えた。

二人は本年度のアカデミー賞で夫婦揃って主演男優&女優賞にノミネートされている(ペネロペは本作『パラレル・マザーズ』でノミネート)。

『パラレル・マザーズ』は7度目のタッグを組んだ巨匠をして本作が一番ペネロペにとって難役だったと言わせしめた作品。その期待に見事応えたペネロペの迫真の演技は見逃せない。

『パラレル・マザーズ』は本日11月3日(木・祝)ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテ 他公開。

作品情報

パラレル・マザーズ
2022年11月3日(木・祝)ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテ 他公開

STORY
フォトグラファーのジャニス(ペネロペ・クルス)と17歳のアナ(ミレナ・スミット)は、出産を控えて入院した病院で出会う。共に予想外の妊娠で、シングルマザーになることを決意していた二人は、同じ日に女の子を出産し、再会を誓い合って退院する。だが、ジャニスはセシリアと名付けた娘と対面した元恋人から、「自分の子供とは思えない」と告げられる。そして、ジャニスが踏み切ったDNAテストによって、セシリアが実の子ではないことが判明する。アナの娘と取り違えられたのではないかと疑ったジャニスだったが、激しい葛藤の末、この秘密を封印し、アナとの連絡を絶つことを選ぶ。それから1年後、アナと偶然に再会したジャニスは、アナの娘が亡くなったことを知らされる──。

監督・脚本:ペドロ・アルモドバル (ペイン・アンド・グローリー/ボルベール〈帰郷〉)
出演:ペネロペ・クルス ミレナ・スミット イスラエル・エレハルデ アイタナ・サンチェス=ギヨン ロッシ・デ・パルマ フリエタ・セラーノ
2021/スペイン・フランス/スペイン語/123分/カラー/5.1ch/ドルビーデジタル/アメリカンビスタ 原題:MADRES PARALELAS 字幕翻訳:松浦美奈 R15+
配給・宣伝:キノフィルムズ 提供:木下グループ

© Remotamente Films AIE & El Deseo DASLU

公式サイト pm-movie.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事