映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」にて本⽇11月8日(火)より配信が開始となった『イングマール・ベルイマン:1957年』の予告編と本国版ビジュアル、場面写真が解禁された。

ラース・フォン・トリアーやリヴ・ウルマンなどが彼の知られざる内⾯についても語る

“20世紀最⼤の巨匠”と称されるスウェーデン出⾝の映画監督イングマール・ベルイマン。本作は世界的成功をおさめた代表作『第七の封印』、『野いちご』の2本が公開され、テレビ映画1本と演劇4本も⼿掛けた「1957年」を中⼼に、謎と波乱に満ちた⽣涯を膨⼤なアーカイブ映像と本⼈や関係者、ロイ・アンダーソンやラース・フォン・トリアーといった映画監督たちの貴重なインタビューで綴るドキュメンタリー。第71回カンヌ映画祭でプレミア上映され、第31回ヨーロッパ映画賞最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。監督は『グッバイ!ベルイマン』(13)のヤーネ・マグヌッソン。

今回解禁された予告編では、ラース・フォン・トリアーやリヴ・ウルマンなど、映画界の名だたる監督や俳優たちが彼の知られざる内⾯についても語る貴重なインタビュー映像とともに、当時のベルイマンの姿も映し出される。⽴て続けに良作を⽣み出し、ターニングポイントともなった1957年をベースに“20世紀最⼤の巨匠”と称され、絶賛を浴びたベルイマンの知られざる⼀⾯を垣間⾒ることのできる内容となっている。

『イングマール・ベルイマン:1957年』(2018年/スウェーデン)
11⽉8⽇(⽕)〜 ※プレミア作品(⽇本未公開作) ※90⽇間配信

1957年1⽉、38歳のイングマール・ベルイマンはプレッシャーと不安に苛まれていた。『第七の封印』が公開され、多くのプロジェクトを抱えていた。5⽉には過度なストレスで⼊院しながらも、⾃⾝を投影させた『野いちご』の脚本を数週間で書き上げ、7⽉には撮影を開始、12⽉に公開した。多くの⼥性と関係し、⺟親が違う6⼈の⼦供の⽣まれた年も忘れてしまうほどの仕事中毒であったが、それらも作品に投影し傑作を次々と⽣み出していく。しかし、70年代に脱税容疑をかけられてからは、気難しい性格に拍⾞がかかり…。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事