フランスでいま最も注目される新鋭レア・ミシウス監督最新作『ファイブ・デビルズ』(11月18日公開)の日本オリジナルとなるオルタナティブポスター2種が解禁された。人気アーティストの我喜屋位瑳務と、初のオルタナティブポスター企画参加となった榎本マリコが映画にインスパイアを受けて描き下ろした貴重なポスターとなっている。

「この映画は予告篇を観た時の期待とは、いい意味で違った。」

『ファイブ・デビルズ』は“香り”の能力で母の記憶に飛び込むタイムリープ・スリラー。嗅覚に不思議な力をもつ少女はこっそり母の香りを集めている。そんな彼女の前に突然、謎の叔母が現れたことをきっかけに彼女のさらなる香りの能力が目覚め、自分が生まれる前の、母と叔母の封じられた記憶にタイムリープしていく。やがてそれは、家族の運命を変える予期せぬ結末へと向かっていく──。主演を務めるのは『アデル、ブルーは熱い色』のアデル・エグザルコプロス。

このたび、映画に込められたメッセージを見事にイラスト化したオルタナティブポスターが完成。映画ポスターやCDジャケットなど、さまざまなアートワークを手がける人気アーティストの我喜屋位瑳務は、主演のアデル・エグザルコプロス演じるジョアンヌが水面に浮かぶジュリアを優しく抱きかかえ見つめる姿を描き上げた。繊細な筆致は美しく、物語に秘められた「愛」を感じさせる。我喜屋は「この映画は予告篇を観た時の期待とは、いい意味で違った。」とコメントを寄せた。

一方、『82年生まれ、キム・ジヨン』の装画などを手がける画家の榎本マリコは、“香り”の能力を持つ少女ヴィッキーの顔の中に、燃える鳥かごと山々に囲まれたファイブ・デビルズの湖が浮かぶ、怪しげな雰囲気をまとったイラストに仕上げた。榎本は「暗く重いカルマを断ち切るために、自ら火を放つ人々の姿をヴィッキーに重ね描きました。」とコメントし、ヴィッキーの存在に強くインスパイアされたことを明かした。二人のコメント全文は記事下にて。

デザインを担当したのは、これまでに『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』や『オン・ザ・ミルキー・ロード』、今泉力哉監督『his』などを手掛けてきたデザイナーの奥村香奈。個性あふれる2人のアーティストのイラストをファイブ・デビルズの世界観に見事にまとめ上げた。2人が描き下ろしたイラストに込められたメッセージは本作の中で確認できる。

『ファイブ・デビルズ』は11月18日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国公開。

コメント全文 *敬称略

○我喜屋位瑳務(アーティスト)
今の時代でも閉鎖的な価値観のある場所は当たり前のようにあって、しかし、生きることを続けていると、ふとしたきっかけで世界が変わる瞬間がある。この映画は予告篇を観た時の期待とは、いい意味で違った。

○榎本マリコ(画家)
抑圧された環境と感情がもたらす悲劇を目の当たりにした気がした。
暗く重いカルマを断ち切るために、自ら火を放つ人々の姿をヴィッキーに重ね描きました。

作品情報

ファイブ・デビルズ
2022年11月18日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国公開

監督:レア・ミシウス 『パリ 13 区』
脚本:レア・ミシウス、ポール・ギローム  
出演:アデル・エグザルコプロス、サリー・ドラメ
スワラ・エマティ、ムスタファ・ムベング、ダフネ・パタキア、パトリック・ブシテー
2021/フランス/仏語/96 分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題:Les cinq diables/英題:The Five Devils/日本語字幕:横井和子
配給:ロングライド

©2021 F Comme Film - Trois Brigands Productions - Le Pacte - Wild Bunch International - AuvergneRhône- Alpes Cinéma - Division

公式サイト https://longride.jp/fivedevils/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事