パリ13区』の脚本を手がけるなどフランスで最も注目される新鋭レア・ミシウス監督最新作『ファイブ・デビルズ』が11月18日(金)全国公開。このたび、『アデル、ブルーは熱い色』で注目され、本作で主演を務めるアデル・エグザルコプロスの愛のデュエットシーン映像が解禁された。

監督「アデルは内側から煮え立つような生命力が滲み出る」

『ファイブ・デビルズ』は“香り”の能力で母の記憶に飛び込むタイムリープ・スリラー。嗅覚に不思議な力をもつ少女はこっそり母の香りを集めている。そんな彼女の前に突然、謎の叔母が現れたことをきっかけに彼女のさらなる香りの能力が目覚め、自分が生まれる前の、母と叔母の封じられた記憶にタイムリープしていく。やがてそれは、家族の運命を変える予期せぬ結末へと向かっていく──。主演を務めるのは『アデル、ブルーは熱い色』のアデル・エグザルコプロス。

カンヌ国際映画祭で、LGBTQ+がテーマの映画に授与されるクィア・パルム。過去にはセリーヌ・シアマ監督『燃ゆる女の肖像』、トッド・ヘインズ監督『キャロル』、グザヴィエ・ドラン監督『わたしはロランス』など、話題作が次々に受賞しているが、女性同士の激しい愛と連帯を力強く描いた本作も今年のクィア・パルムに選出され、注目を集めている。

このたび解禁された本編映像では、そんな内に秘めた燃えたぎる愛があらわになるカラオケでのワンシーンが切り取られている。

娘のヴィッキーが見守る中、ジュリアの手を引いてステージに上がった母・ジョアンヌ。切ない片思いの気持ちを情熱的に歌ったバラード曲「愛のかげり」を静かに歌い始める。するとジュリアはマイクを持つジョアンヌの手を握りしめ、2人は見つめ合いながら「一緒にいればすべてうまくいく」と熱唱。彼女たちが歌い上げるその歌詞には一体どんな意味が込められているのだろうか。

その様子を遠くで見つめる父・ジミーの顔には戸惑いの表情が浮かび上がる。長年秘密にしてきたジョアンヌとジュリア、2人の気持ちが爆発する物語の中でも非常に重要なシーンである。

『アデル、ブルーは熱い色』で主人公を演じ、世界を魅了したアデル・エグザルコプロス。レア・ミシウス監督は彼女について「ジョアンヌ役にアデルが思い浮かんだ時、面白いことに、彼女は私が考えるジョアンヌとはむしろ正反対のキャラクターでした。物語のはじめ、ジョアンヌは冷たい人間で、 内側は死んでいるも同然です。でも物語が進むうち、自分を守るために築いた壁にヒビが入り、彼女の生命力が現れてくる。アデルは冷たさとは真逆の人ですから、第二部でジョアンヌの生命力が爆発するまで、顔やジェスチャーを制御し、何も表現しないようにしなければなりませんでした。それでもアデルは、内側から煮え立つような生命力が滲み出るのです」と、その存在感を絶賛する。

新しく解禁された場面写真では、そんなアデル演じるジョアンヌが俯いて何かを考えている様子や新体操を披露する10年前の彼女の姿が切り取られている。

『アデル、ブルーは熱い色』とは異なる表情を見せるアデル・エグザルコプロスにも注目の『ファイブ・デビルズ』は11月18日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国公開。

作品情報

ファイブ・デビルズ
2022年11月18日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国公開

監督:レア・ミシウス 『パリ 13 区』
脚本:レア・ミシウス、ポール・ギローム  
出演:アデル・エグザルコプロス、サリー・ドラメ
スワラ・エマティ、ムスタファ・ムベング、ダフネ・パタキア、パトリック・ブシテー
2021/フランス/仏語/96 分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題:Les cinq diables/英題:The Five Devils/日本語字幕:横井和子
配給:ロングライド

©2021 F Comme Film - Trois Brigands Productions - Le Pacte - Wild Bunch International - AuvergneRhône- Alpes Cinéma - Division

公式サイト https://longride.jp/fivedevils/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事