イギリス・ウェールズの小さな村で起こった奇跡のような実話を基にした感動作『ドリーム・ホース』(2023年1月6日公開)のクライマックスシーンで歌うメゾソプラノ歌手キャサリン・ジェンキンスの歌唱メイキング映像が解禁となった。

エリザベス女王からチャールズ国王に変わるタイミングで国歌を最初に録音したことが話題に

本作は人生を変えるために競走馬を育てることを決意したひとりの主婦と片田舎の小さなコミュニティの、おとぎ話のような奇跡の実話を基にした感動の物語。イギリス・ウェールズの小さな村で単調な日々に嫌気が差していた主婦ジャン(トニ・コレット)はある日、共同馬主の話を耳にして強く興味を惹かれ、村人たちを巻き込み競走馬を共同で購入。「ドリームアライアンス」と名付けられたその競走馬は、レースに出場し奇跡的に勝ち進んでいき彼らの人生を変えていく…。

このたび解禁されたのは、本作に本人役で出演しているイギリス・ウェールズ出身の歌姫、キャサリン・ジェンキンスのメイキング映像。

国立音楽アカデミーを優等で卒業したキャサリン・ジェンキンスは、その歌声は場の雰囲気を一気に変える力強さを持ち、エリザベス女王からチャールズ国王に変わるタイミングで、国歌 “GOD SAVE THE KING”(※エリザベス女王の時は、“GOD SAVE THE QUEEN”)を最初に録音したことが話題になった。ちなみに11月14日はチャールズ国王の74歳の誕生日だった。

本作では、ウェールズで最高峰のレース「ウェルシュ・ナショナル」にて、本人役で登場。ウェールズ国歌を素晴らしい声量と美しい歌声でキャストと観衆の前で歌っている。今回のメイキング映像でもその圧倒的な歌唱に酔うことができる。

『ドリーム・ホース』は2023年1月6日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国新春公開。

作品情報

ドリーム・ホース
2023年1月6日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国新春公開

監督:ユーロス・リン 出演:トニ・コレット(『ナイトメア・アリー』『リトル・ミス・サンシャイン』)、ダミアン・ルイス(「HOMELAND/ホームランド」)
2020 年/イギリス/英語/114 分/スコープ/カラー/5.1ch/原題:DREAM HORSE
後援:ブリティッシュ・カウンシル 配給:ショウゲート

© 2020 DREAM HORSE FILMS LIMITED AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

公式サイト cinerack.jp/dream/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事