『ポセイドン・アドベンチャー』他数々の名作を生みだした小説家ポール・ギャリコの原作「ハリスおばさんパリへ行く」を映画化する『ミセス・ハリス、パリへ行く』がいよいよ本日11月18日(金)より公開。このたび、人を惹きつけ周囲を巻き込んでいく主人公ミセス・ハリスが勇気をくれる本編映像が解禁された。また公開を記念して、石川三千花、SPUR編集長・五十嵐真奈登壇のトークイベントが開催されることも決定した。

「ハリスさんやめて。何をしてるか分かってるの?」

本作は第二次世界大戦後の1950年代、ディオールの美しいドレスに魅せられ、ロンドンからパリへと渡って大冒険を繰り広げる家政婦ミセス・ハリスの物語。夢をあきらめなかった彼女に起きる、素敵な奇跡とは? いくつになっても夢を忘れないミセス・ハリスから勇気をもらえるハッピーストーリーだ。主演を務めるのは『ファントム・スレッド』でアカデミー賞にノミネートされたレスリー・マンヴィル。『ピアニスト』『エル ELLE』のイザベル・ユペールが共演。

このたび解禁された本編映像は、夢のドレスを買うため、家政婦をしながらコツコツ貯めたお金を握りしめ、はるばるロンドンからパリのメゾン ディオールにやって来たミセス・ハリスが、なぜかディオールのスタッフたちを引き連れて、ムッシュ・ディオールにストライキを起こそうとするシーン。

「仕事をやめて、私についてきて。大事な話よ」と、針子さんなどの従業員たちやモデルをかき集めながら先頭を切ってディオールのアトリエ内を突き進んでいくミセス・ハリス。「ハリスさんやめて。何をしてるか分かってるの?」とマネージャーのマダム・コルベールが止めに入るも「ええ、ストライキよ」と意に介さず、みんながミセス・ハリスの後について行く。

本領発揮とばかりに人を惹きつけ周囲を巻き込んでいく彼女。ディオールの美しいドレスや煌びやかなショーを支える裏方のスタッフたちを引き連れ向かった先はなんとムッシュ・ディオールの部屋! ディオールのドレスを手に入れる夢を叶えるためにパリに来たはずのミセス・ハリスがなぜディオールでストライキを起こそうとしているのか? 家政婦として働いてきた彼女が、華やかなディオールを支える自分と同じ労働者たちに勇気を与えるシーンとなっている。

このシーンの続きを観れば、現代の我々がセレブではなくてもハイブランドを手にすることができるようになった理由を知ることができるかもしれない。続きは劇場で確かめてみよう。

また公開を記念して11月24日(木)に、イラストレーターの石川三千花、雑誌SPURの編集長・五十嵐真奈が登壇するトークイベント付き上映の開催が決定した。概要は以下にて。

『ミセス・ハリス、パリへ行く』は本日11月18日(金)TOHO シネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開。

映画『ミセス・ハリス、パリへ行く』公開記念トークイベント 開催概要

◆日時
11月24日(木) 18:45の回 上映<後>

◆登壇者
石川三千花(イラストレーター)、五十嵐真奈(雑誌SPURの編集長)
※登壇者は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

◆チケット料金
通常料金/全席指定席(最前列は売り止めとなります)
※有料券のみ使用可、招待券使用不可

◆チケット発売 
【オンライン】
11月21日(月)24:00(=11月22日(火)00:00)より
ご購入はこちらから:https://www.cinequinto.com/white/ticket/
【劇場窓口販売】
11月22日(火)劇場開場時間より
※オンラインで完売となった場合は劇場窓口での販売はございません。

◆会場 
ホワイトシネクイント WHITE CINE QUINTO(渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ8階)

作品情報

ミセス・ハリス、パリへ行く
2022年11月18日(金)TOHO シネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開

STORY
第二次世界大戦後のロンドン。夫を亡くした家政婦ミセス・ハリス(レスリー・マンヴィル)は働き先でクリスチャンディオールのドレスに出会う。あまりの美しさに完全に魅せられたハリスは、ディオールのドレスを手に入れるためにパリへ行くことを決意する。なんとか集めたお金でパリへと旅立った彼女が向かった先は、ディオールの本店。威圧的なマネージャーのコルベール(イザベル・ユペール)から追い出されそうになるが、ハリスの夢をあきらめない姿勢は会計士のアンドレ(リュカ・ブラヴォー)やモデルのナターシャ(アルバ・バチスタ)、シャサーニュ侯爵(ランベール・ウィルソン)ら出会った人々を魅了していく。果たして彼女はクリスチャン ディオールのドレスを手に入れて、夢を叶えることができるのだろうか……。

監督・脚本: アンソニー・ファビアン
キャスト:レスリー・マンヴィル(『ファントム・スレッド』)、イザベル・ユペール(『ピアニスト』『エル ELLE』)、ジェイソン・アイザックス、ランベール・ウィルソン、アルバ・バチスタ、リュカ・ブラヴォー、ローズ・ウィリアムズ
製作:グザヴィエ・マーチャンド、ギョーム・バンスキー、アンソニー・ファビアン
字幕翻訳:栗原とみ子 字幕監修:渡辺三津子(ファッションジャーナリスト)
原題:『Mrs. Harris Goes to Paris』

配給:パルコ ユニバーサル映画

© 2022 FOCUS FEATURES LLC.

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事