韓国版『ジョゼと虎と魚たち』のキム・ジョングァン監督最新作『夜明けの詩』(11月25日公開)に人気キャラクター・ぼのぼの、いがらしみきお、犬童一心、カツセマサヒコ、古家正亨、東紗友美、梅林太郎、蒼井ブルー、森田紗英ら著名人より応援コメントが到着した。さらに入場者プレゼントの配布も決定した。

「この映画の薄明の闇の静けさと深さにはすべての人への祈りがあります」

本作は、まだ冬が残るソウルに7年ぶりに帰国した小説家のチャンソク(ヨン・ウジン)の物語。時間を失くした女性(イ・ジウン/IU)らとの出会いを経て、彼は心に閉ざしてきた記憶と向き合い始める。主演を務めるのは、Netflixドラマ「39歳」、映画『愛に奉仕せよ』といった話題作に出演し、柔らかい眼差しや深みのある演技力で観客を魅了する“ロマンス職人”ヨン・ウジン。共演に第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で2冠に輝いた、是枝裕和監督の最新作『べイビー・ブローカー』に出演したイ・ジウン/IU。生と死、時間、記憶という深遠なテーマを、観る者たちの心に寄り添う癒しの物語に昇華させた。

このたび、監督、出演者たちが紡いだ本作の世界観に感銘を受けた著名人から応援コメントが届いた。漫画『ぼのぼの』の作者・いがらしみきおからは、「あなたが何事か眠れずにたったひとりだと感じる夜、その時どこかで起きている人たちがここにいます。この映画の薄明の闇の静けさと深さにはすべての人への祈りがあります」とコメントが寄せられ、人気キャラクター・ぼのぼのも「さびしくてやさしい映画だよ」と応援をしている。

さらに日本版『ジョゼと虎と魚たち』でメガホンを取った犬童一心監督のほか、『明け方の若者たち』の著者・カツセマサヒコ、韓流エンタメ通として知られる古家正亨、映画ソムリエの東紗友美、アニメ『ユーリ!!! on ICE』の音楽を担当した梅林太郎、『僕の隣で勝手に幸せになってください』(角川文庫)の著者・蒼井ブルー、『バチェラー・ジャパン』シーズン1に参加した“もりもり”ことタレント森田紗英ら、錚々たる顔ぶれからコメントが寄せられた。コメント一覧・全文は記事下にて。

また11月25日(金)より映画公開を記念して、3週に渡り入場者プレゼントとして数量限定の映画オリジナル生写真の配布が決定した。図柄は各週1図柄となり、1週目はヨン・ウジン、イ・ジウン/IUの、“お話ししませんか?”カット、2週目はイ・ジウン/IUの“眠り姫カット”、3週目はヨン・ウジンの、“ロマンス職人カット”が採用された。

入場者プレゼント1週目図柄サンプル

『夜明けの詩』は11月25日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー。

【キャラクター、著名人からの応援コメント】 ※順不同

●ぼのぼの
さびしくてやさしい映画だよ

●いがらしみきお/漫画家
あなたが何事か眠れずにたったひとりだと感じる夜、その時どこかで起きている人たちがここにいます。
この映画の薄明の闇の静けさと深さにはすべての人への祈りがあります。

●犬童一心/映画監督
静けさの中に、消えかけの蝋燭のように人間の風景が浮かび上がる。
幻のようでありながら、気づくと身体の芯が温まっていた。
韓国版「ジョゼと虎と魚たち」キム・ジョングァン監督がさらに深化。

●カツセマサヒコ/小説家
物語を書いているとき、
それが想像の産物なのか、過去の記憶が膨らんだものなのか、
自分でもわからなくなるときがある。
その戸惑いや浮遊感が全編に溢れていた。
実に不思議な映画を観ました。

●古家正亨/ラジオDJ/MC
この世に存在する、誰もが抱える“闇”。
それは単なる明るさの度合いではなく、人生の経験そのものを指す言葉なのかもしれない。
スクリーンの暗闇を仄かに照らす煙草の火とその音に、生きる強さを感じずにはいられない。

●東紗友美/映画ソムリエ
東京と同じ、眠らぬ街ソウルの片隅で。
傷を支え合う者たちの不思議なおしゃべりが心地良い。

誰もが皆、過ぎゆくだけ。

けれどよく目を凝らしてみると、その一瞬一瞬に色褪せない会話が生まれている。
伸びやかな真実に、心に余白が生まれました。

背負った荷物を下ろしていいと伝えてくれる映画です。

●梅林太郎/音楽家
日頃見ない様にしている僕自身の不安や弱さ。それに向き合う勇気をもらった気がします。
今一度、足を止めて内省する時間を与えてもらえました。

●蒼井ブルー/文筆家・写真家
鍵をかけて胸のいちばん奥にしまっていたのに、べらべらと喋ってしまうときがある。もう、あなたのせいですよ、と思う。
『夜明けの詩』は、鍵を開く映画だ。

●森田紗英/タレント
現実と虚構の狭間で誰しもが"誰か"を待っている。
心の夜明けを待つ私たちを独りにさせない映画でした。

●野村武寛/シネマート新宿・心斎橋 番組編成
夜明け前って一番暗いんです。そんな時に起きていると色々考えることもあります。
私は彼のこの役に共感できるところもあります。おそらく皆様も…。
詩を読むような映画です。皆様のテンポで映画を観るのではなく、「詩」を聞くように観る映画です、そうしたらすごい「こんな音」が聴こえてきます。

【入場者プレゼント(数量限定) 映画オリジナル生写真概要】

※実施劇場は劇場情報ページ(https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=yoakenouta)をご確認ください。
※特典はなくなり次第配布終了 ※一部劇場除く。

【チャミスル抽選プレゼントも実施決定】
イ・ジウン/IUが広告モデルを務める、韓国ドラマなどでもおなじみの「チャミスル」をご鑑賞のお客様に抽選でプレゼント。
※実施劇場は劇場情報ページ(https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=yoakenouta)をご確認ください。
※フレーバーはお選び頂けません。
※抽選方法は劇場によって異なります。
※年齢確認の為、身分証をご提示頂きます。
※ 未成年のお客様へのお渡しはできません。
※一部劇場除く。

作品情報

夜明けの詩
2022年11月25日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー

監督:キム・ジョングァン『ジョゼと虎と魚たち』
出演:ヨン・ウジン「39歳」『愛に奉仕せよ』/イ・ジウン(IU)『ベイビー・ブローカー』「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」/キム・サンホ『ビューティー・インサイド』/イ・ジュヨン『サムジンカンパニー1995』/ユン・ヘリ『ジョゼと虎と魚たち』
2021年/韓国/韓国語/82分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題:아무도 없는곳/英題:SHADES OF THE HEART/字幕翻訳:深田あゆみ

配給:シンカ

©2019 Vol Media co. ltd., All Rights Reserved

公式サイト https://synca.jp/yoakenouta/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事