ベネディクト・カンバーバッチ主演映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』が12月1日(木)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開。このたび、本日11月22日の「いい夫婦の日」を記念して、ルイス・ウェインとエミリー夫妻がネコと散歩する特別映像「夫婦編」が解禁された。また、各界著名人からの応援コメントとイラストが到着した。

「ルイス・ウェインはネコとヒトとの距離を、愛で近づけた貴重な芸術家です」

19世紀末から20世紀にかけて、イギリスで知らない者のなかった、大人気イラストレーター、ルイス・ウェインは当時、ネコの魅力を最初に“発見”したといわれる“ネコ画家”。不朽の名作「吾輩は猫である」に登場する、絵葉書の作者だとも言われている。本作はそんな伝説のネコ画家の妻とネコへの愛に満ちた人生を描いた、優しく温かな愛の物語。

本日11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで解禁されたのは、本作のルイス・ウェインとエミリー夫妻に関連した特別映像。人里離れた田舎町で結婚生活を始めたルイス・ウェイン(ベネディクト・カンバーバッチ)と妻エミリー(クレア・フォイ)は、ある日家の近くで、ハチワレ模様の子ネコを保護し、ピーターを名づけ、子ども代わりに育てることになった。今回解禁された映像では、そんな3人(2人と一匹)が仲睦まじく、四季折々の風景の中を散歩するシーンが収められている。秋には紅葉溢れる森の中を歩き、雪が積もる冬には雪だるまを作って遊び、のどかな春には3人並んで日光浴を楽しむ。どこにでもある平凡な日常が、最も幸せな瞬間だということを思い出させる映像となっている。まるで絵画のような映像美にも注目だ。

この特別映像解禁にあわせて、各界の“ネコ好き”著名人からの応援コメントやイラストも到着した。動物写真家の岩合光昭をはじめ、保護猫のマルとオレオと暮らし、連日Twitterにその姿をアップし話題を集める歌手の藤あや子、「ネコ吸い」の第一人者であるミュージシャンの坂本美雨、お笑いコンビ“三四郎”の相田周二、映画アクティビストのDIZといった面々がコメントを寄せた。

また、ネコ好きイラストレーターたちからはイラストが到着。「しかるねこ」で知られるもじゃクッキー、「ミィちゃんは今日もがんばらない」のesk(いーえすけー)、可愛らしいネコのイラストで人気の動物イラストレーターのトコロ コムギの3人が、本作の感想とネコのイラストを寄せている。コメント一覧・全文は以下にて。

『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』は12月1日(木) TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー。

コメント・イラスト一覧(順不同・敬称略)

岩合光昭(動物写真家)
たくさんのネコが、存在感を持って登場します。
ルイス・ウェインはネコとヒトとの距離を、愛で近づけた貴重な芸術家です。
100年の時を隔て、彼と共鳴します。
ネコをよく見ること、そして、愛すること。

藤あや子(歌手)
私の家には3年前から保護猫である黒猫の男の子マルと白黒ハチワレの女の子オレオがおります。
自分でも不思議なくらい猫愛が日に日に膨張し、私の暮らしを信じられないくらい豊かなものにしてくれています。
ルイス・ウェインが亡くなってもう80年以上経ちましたが、こんなに猫と人間が共存する世の中になっているなんてきっと驚いているでしょうね。愛妻と愛猫をひとすじに愛した稀有な芸術家ルイスをこの作品で知ることが出来て心から感謝しております。
私自身も愛猫を描いた絵画が何点かありますが、これからもマルとオレオをモデルにして描いていこうと思います。
是非完成した作品を皆さまにも観て頂けるようにあや子画伯も頑張ります。

坂本美雨(ミュージシャン)
幼い頃から集めてきたネコシールやカードに描かれたファンタジーなネコたち。
絵の中で楽しく生きているネコたちが生み出された背景を知り、愛おしさが込み上げました。

相田周二(三四郎)
愛猫と一緒に観ました。ルイス・ウェインの心情の変化と共に変わっていく自身の作風とそれとリンクする映像の美が素晴らしい。野良猫だらけの下町出身で家族も嫌っていた『猫』という存在と今僕が共に暮らしているのも、ルイス・ウェインのお陰なのかも。サー・ウィリアムが途中からエキゾチックショートヘアーにしか見えなくなりました。

DIZ(映画アクティビスト)
涙が止まらなかった。映画館を出たあと、きっと当たり前の日常が美しく輝く世界に変わるだろう。

作品情報

ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ
2022年12月1日(木) TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー

STORY
イギリスの上流階級に生まれたルイス・ウェイン(ベネディクト・カンバーバッチ)は、父亡きあと一家を支えるために、ロンドンニュース紙でイラストレーターとして活躍する。やがて、妹の家庭教師エミリー(クレア・フォイ)と恋におちたルイスは、身分違いだと大反対する周囲の声を押し切り結婚するが、まもなくエミリーは末期ガンを宣告される。庭に迷い込んだ子猫にピーターと名付け、エミリーのために彼の絵を描き始めるルイス。深い絆で結ばれた“3人”は、残された一日一日を慈しむように大切に過ごしてゆくが、ついにエミリーがこの世を去る日が訪れる。ルイスはピーターを心の友とし、ネコの絵を猛然と描き続け大成功を手にする。そして、「どんなに悲しくても描き続けて」というエミリーの言葉の本当の意味を知る──。

出演:ベネディクト・カンバーバッチ、クレア・フォイ、アンドレア・ライズボロー、トビー・ジョーンズ、オリヴィア・コールマン(ナレーション)
監督・脚本:ウィル・シャープ 原案・脚本:サイモン・スティーブンソン
2021 年│イギリス│英語│111 分│カラー│スタンダード│5.1ch│G│原題:The Electrical Life of Louis Wain│字幕翻訳:岩辺いずみ

提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ

©2021 STUDIOCANAL SAS - CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

公式サイト louis-wain.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事