ライトハウス』『ウィッチ』のロバート・エガース監督が手がけた初のアクション大作『ノースマン 導かれし復讐者』が2023年1月20日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国公開。このたび、最強ヴァイキング戦士たちの大迫力の進撃の様子を収めた本編映像、主要キャラクターのポスター6種が一挙解禁された。

監督「アレクサンダーは全くの怖いものなしでヴァイキングになりきってみせた!」

本作は、A24発の鬼才ロバート・エガース監督による北欧を舞台に繰り広げられるヴァイキングの壮大な物語。主演にスウェーデン出身のアレクサンダー・スカルスガルドを迎え、ニコール・キッドマン、クレス・バング、アニャ・テイラー=ジョイ、イーサン・ホーク、ビョーク、ウィレム・デフォーという超豪華キャストの競演が実現。一人の男の復讐の旅路を、アレクサンダー・スカルスガルドの豪快なアクションと、ロバート・エガース監督ならではの圧倒的な映像美で魅せる、この冬、体感すべき「没入感 MAX」のリベンジ・アクション・エンターテインメントだ。

今回解禁された本編映像は、父を殺され島を脱出した後、獰猛なヴァイキング戦士として日々を過ごす主人公アムーレト(アレクサンダー・スカルスガルド)が、狼の毛皮をまとって襲撃するシーン。

何やら狼らしきもの達が静かに忍び寄る。森の奥深く、もやがかかった城壁に緊張が走る。気が付いた門兵がひたひたと忍び寄る緊急事態に叫びながら槍を放つ。シューッと風を切りながらまっすぐに狙いを定められた槍の一撃。射抜いたかと思ったその瞬間、狼らしきものは立ち上がると片手で槍をまさかの素手でキャッチ、そしてキャッチした勢いそのまま反転して敵陣にリリース。反対に門兵を射抜く!

その一撃を合図に毛皮を脱ぎ捨てた真の姿が露わになる。狼=捕食者の精神を持ち、圧倒的パワーで攻め入るヴァイキングだ。ハンドアックスを振り上げたアムレートの「ヴァルハラへ!」の号令と共に雄叫びを上げながら侵攻を開始するヴァイキング。戦闘力を具現化したかのような筋骨隆々で屈強な兵士たちは雨のように降ってくる槍や矢などものともしない。城壁にたどり着くと、天高く築き上げられた木製の城壁にハンドアックスを突き立て、走ってきた勢いそのまま、巧みな斧使いによる侵略のボルダリングを開始。あっという間に城壁を制圧する。

このシーンのほか、劇中で見られる武器は全て手作り。世界的人気シリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の製作にも参加した武器職人のトミー・ダンは歴史研究者と一つ一つの武器の大きさを調べ上げ、斧や武器のハンドル用木材の調達、それぞれの武器が時代に適合しているかのチェックも行なったそうだ。ダブリンの鋳造所で、デザインした武器を金物細工師に作らせ、当時の正しいスタイルになっているかを確認…まるで博物館レベルのレプリカを作り上げている。

あわせて、一人の男の「心震える復讐の旅路」を彩る“クセ強”キャラクターたちがまっすぐにこちらを見つめるキャラクターポスター6種が到着した。

主人公、ヴァイキング戦士のアムレートを演じたアレクサンダー・スカルスガルドは復讐心剥き出しの眼光で闘志爆発。この屈強なヴァイキング戦士・アムレートを体現して見せたスカルスガルドに対し、ロバート・エガース監督は「彼は身長193cmで、獰猛な戦士の身体に肉体改造できる。アレクサンダーは全くの怖いものなしでアムレートに命を吹き込み、ヴァイキングになりきってみせた!」と大絶賛している。

また、アムレートと協力関係を結び、陰ながら支援する“白樺の森のオルガ”を演じたアニャ・テイラー=ジョイはアムレートとオルガの関係性を「運命が二人を結び付けた」とインタビューで明かしている。

さらには、ヴァイキング戦士として略奪を繰り返すアムレートに自らの宿命を思い出させる、謎に包まれた“スラブ族の預言者”ビョーク、偉大なる王にして弟フィヨルニルに殺されたアムレートの父“オーヴァンディル王”イーサン・ホーク、アムレートを大いなる愛で包む母“グートルン王妃”ニコール・キッドマン、そして幼きアムレートの運命を照らす“道化ヘイミル”ウィレム・デフォーという主要キャラクター6人の姿が捉えられている。

その瞳がそれぞれ捉える、アムレートに立ちはだかる“打ち勝たねばならない運命”とはー? 復讐を魂に誓ったアムレートをはじめ、多彩なキャラクターの登場に期待度もMAXなビジュアルとなっている。

『ノースマン 導かれし復讐者』は2023年1月20日(金)TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国公開。

作品情報

ノースマン 導かれし復讐者
2023年1月20日(金)TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国公開

STORY
若き王子アムレート(アレクサンダー・スカルスガルド)は、父であり国王オーヴァンディル(イーサン・ホーク)を叔父フィヨルニル(クレス・バング)に殺害され、母であるグートルン王妃(ニコール・キッドマン)も誘拐された。アムレートは、父の復讐と母の救出を誓い、たった一人ボートで島を脱出する。数年後、怒りに燃えるアムレートは、東ヨーロッパ各地で略奪を繰り返す獰猛なヴァイキング戦士の一員となっていた。ある日、預言者(ビョーク)と出会い己の運命と使命を思い出す。奴隷に変装したアムレートは、親しくなった白樺の森のオルガ(アニャ・テイラー=ジョイ)たちと共にフィヨルニルが経営している農場があるアイスランドを目指すー。

監督:ロバート・エガース『ライトハウス』『ウィッチ』 脚本:ロバート・エガース、ショーン『LAMB/ラム
出演:アレクサンダー・スカルスガルド『ゴジラ vs コング』『ターザン:REBORN』、ニコール・キッドマン『スキャンダル』『ある少年の告白』、クレス・バング『ザ・スクエア 思いやりの領域』、アニャ・テイラー=ジョイ『ラストナイト・イン・ソーホー』『ウィッチ』、イーサン・ホーク『ブラック・フォン』、ビョーク、ウィレム・デフォー『ラストハウス』

2022 年/アメリカ/カラー/ビスタ/英語・古ノルド語/原題:The Northman/137 分/PG12/字幕翻訳:松浦美奈

配給:パルコ ユニバーサル映画

© 2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト northman-movie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事