ノルウェー映画『サバイバル・ランド』の監督グレーテ・ビョーの作家デビュー作『メーデー 極北のクライシス』(久賀美緒・訳)が本日1月23日(月)に二見書房より発売された。

極北の国境近くにNATOの女性パイロットが墜落。一触即発の戦争危機が——

ノルウェー生まれで、北極圏に強い関心を抱いてきたというグレーテ・ビョー。映画やテレビドラマの脚本家および監督として長年活動し、スティーヴン・スピルバーグの撮影助手を務めたこともある。2015年には、彼女が監督した『サバイバル・ランド』がノルウェーのオスカーと言われるアマンダ賞を受賞。本作はグレーテ・ビョーの作家としてのデビュー作。

北大西洋条約機構(NATO)が大規模な軍事演習をロシアとノルウェーの国境近くで実施、ロシアとの間に緊張が高まる。そのさなか、ノルウェー空軍の女性パイロット、イルヴァとアメリカ空軍の伝説的パイロット、ジョンは民間ヘリの護衛のため国境近くを飛ぶが、ロシア軍の戦闘機から威嚇を受けて機体が接触、ロシア領内に墜落してしまう。ロシアはNATOによる核基地への攻撃があったと主張、第三次世界大戦勃発への危機感が漂い始めるなか、墜落直前に脱出していたイルヴァとジョンは徒歩で国境を目指す……。

恐ろしい未来を予測するかのような内容に「ノルウェー北部が“第二のクリミア”になる危機を描いた衝撃的なデビュー作」(DAGBLADET)「戦闘機操縦のスキル、軍事、政治、地理的な描写、そして極限のサバイバルスキルと知識を持った主人公たち。細部まで徹底的に描かれた、個性的なヒロインが活躍する”背筋も凍りそうな”サスペンス」(ADRESSEAVISA)「本作は、世界中の人が指導者たちの狂気に翻弄されていることを改めて示している。この本とともに、今起きている軍事侵攻が早く終わることを祈りましょう」(hebban読者レビュー)と絶賛の声が寄せられている。

書籍情報

メーデー 極北のクライシス
グレーテ・ビョー 久賀美緒 訳 

判型:文庫判
価格:本体1300円+税
ISBN:9784576221397
発売日:2023年1月23日

公式サイト https://www.futami.co.jp/book/index.php?isbn=9784576221397

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事