弁護士や法曹関係者向けメディア「弁護士ドットコムタイムズ」編集部による「弁護士が選ぶ法曹界を描いたドラマ・漫画・映画ランキング」のアンケート結果が発表された。

507人の弁護士がドラマ・漫画・映画の3部門各50作品からセレクト!

弁護士や法曹関係者向けメディア「弁護士ドットコムタイムズ」編集部が弁護士ドットコムの会員弁護士を対象に「弁護士が選ぶ法曹界を描いたドラマ・漫画・映画ランキング」のアンケートを実施。編集部が「法曹」「法廷」「法律事務所」を描いた作品の中から厳選した各50作品より、各カテゴリーから最大5つ選択可能な方式で507人の弁護士が回答した。

【ドラマ部門】

1位となった「リーガル・ハイ」(277票)は今回のアンケートで、ドラマ・漫画・映画全部門通して最も多い得票数に。上位20作品(※)を見ると、主に弁護士を主人公とした作品が13作品、検事は2作品、裁判官が1作品となりました。※各カテゴリ20位まではWebにて紹介されている。

【漫画部門】

発表年は最も古い作品は、1位となった「家裁の人」(219票)で1987年に連載が開始。また、2021年4月から放映がはじまったドラマ「イチケイのカラス」を含み、ドラマ化された作品は14作品となっている。法曹をテーマとした漫画は、人気があればドラマ化される傾向がありそうだ。

【映画部門】

映画については、ドラマランキングと異なりランクインした約半数が海外の作品であり、さらに刑事事件(陪審制や裁判員裁判を含む)をテーマとしたものが半数を占める結果に。

また、漫画やドラマ、映画での弁護士において法律的におかしい・ありえないことが起きたとき、作品を楽しむことができるか聞いたところ、「気になるが、作品は楽しめる」と回答した人が72.0%と最も多く、次いで「気になって、作品が楽しめなくなる」との回答した人が13.8%となり、「気になる」という回答は合わせて85.8%。一方、「気にならない」という回答は12.4%となった。

弁護士が感じる、法曹コンテンツ「あるある」

ドラマ、漫画、映画での弁護士や法曹界の描かれ方について感じる、疑問や現実との乖離などの「あるある」の一部をご紹介!

■弁護士の動き
「懲戒になりそうな行為を堂々とやる」「弁護士が金持ちの設定が多い」「弁護士がやたら行動力があって、そんなところには入れないだろうというところでも遠慮なく入っていく」

■事務所
「現実では事件の目撃者なんて見つからないのに、ちゃんと見つかる」「裁判がすぐ終わる。実際は数年かかる」「事務所が立派すぎる」

■裁判官
「裁判長が木槌を打つこと。日本の裁判では実際にそういうものはない」

 
弁護士ドットコムタイムズのWebでは、各カテゴリの10〜20位を紹介。また、「リーガルハイ」脚本家の古沢良太氏のインタビューや、映画部門で1位に選ばれた「それでも僕はやっていない」の周防正行監督のインタビューも公開される予定。ぜひチェックしよう。

弁護士ドットコムタイムズ:https://www.bengo4.com/times/articles/329/ 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事