コリン・ファースとスタンリー・トゥッチ、イギリスとアメリカが誇る2大紳士俳優が共演した話題作『スーパーノヴァ』が7月1日(木)よりTOHO シネマズ シャンテ他にて全国順次公開。このたび本編より感動のスピーチシーンの映像が解禁された。

「やがて自分が何者かも忘れ、物事に無関心になるだろう」

ピアニストのサム(コリン・ファース)と、作家のタスカー(スタンリー・トゥッチ)、20 年来のパートナーである二人はキャンピングカーで思い出の地を巡る旅に出る。今回解禁された映像は、旧友たちに囲まれた二人のお互いを想い合う姿を捉えている。

久しぶりにサムの実家に帰って来たサムとタスカーのカップル。サムの妹・リリーとクライブの夫婦がサプライズパーティーを開き、古くからの友人が集まった夜。

タスカーの病気については既に皆が知っており、気兼ねなく接する家族のようなゲストたちに囲まれながら、認知症の症状のため言葉を上手く紡げなくなってきたタスカーに変わり、サムがスピーチを代読する。

友人たちへの感謝を込めながら、シニカルなユーモアを交えたタスカーらしい原稿に、沸き、和む会場。サムも愉快そうに笑う。しかし、読み進めるうちに、言葉を詰まらせるサム。

原稿は「私は、ご存じの通り認知症だ。やがて自分が何者かも忘れ、物事に無関心になるだろう。だが、その時までは共通の思い出が大きな助けになってくれるはずだ」と続く。声を震わせながらも最後まで読み上げ、笑顔を作り乾杯を促すサム。

病により、この先ゆっくりと消えてゆくであろうタスカーの言葉を、必死の笑顔で読みあげるサムの姿が切なく胸を締めつける。タスカーのユーモラスな言葉の温かさに反比例し、病気の残酷さをサムはもちろん観客たちも今一度思い知らされる。

スピーチはこのあとも続くのだが、タスカーがサムに向けた内容は感涙必至。劇場にハンカチ必須と思わせられる映像となっている。

20 年という歳月を共にしてきた 2 人が向き合う人生の最終章

本作は『英国王のスピーチ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したコリン・ファースと、『ラブリーボーン』で同賞助演男優賞にノミネートされたスタンリー・トゥッチがカップル役を演じ、20 年という歳月を共にしてきた 2 人が向き合う人生の最終章を、圧倒的な演技で魅せる心震える感動作。

不器用で無口だが、胸の奥に熱い愛情を燃やし続けるピアニストのサムを演じるのはコリン・ファース。人を惹きつける才能と魅力に溢れ、いつもブラックジョークで周囲に笑いをもたらす作家タスカーにはスタンリー・トゥッチ。メガホンをとったのはハリー・マックイーン。俳優としても活躍する彼が、オリジナル脚本として書き上げた本作が、監督第 2 作目となる注目の気鋭監督。

撮影監督は『ターナー、光に愛を求めて』などで 2 度アカデミー賞にノミネートされたディック・ポープが務めた。水と緑が織りなす風景が絵画のように美しい湖水地方など、イギリスが誇る景勝を余すところなく捉え、2 人の人生の旅路を鮮やかに彩っている。

作品情報

スーパーノヴァ
2021年7月1日(木) TOHO シネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー

原題:Supernova
出演:コリン・ファース『英国王のスピーチ』、スタンリー・トゥッチ『ラブリーボーン』
監督・脚本:ハリー・マックイーン
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ /配給:ギャガ
2020 年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/95 分/G/字幕翻訳:西村美須寿


© 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事