セザール賞長編アニメーション賞受賞をはじめ、世界中で喝采を浴び、日本でも絶賛されたオーレル監督長編アニメーションデビュー作『ジュゼップ 戦場の画家』が8月13日(金) 、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。このたび、本作に登場する女性画家フリーダ・カーロの姿を捉えた新場面写真4点が解禁された。

愛する人との再会を胸に、どんな現実も描くことで生き抜いた男の感動の実話

1939年スペイン内戦により、避難先のフランスの強制収容所で難民となった実在の画家ジュゼップ・バルトリ。本作は愛する人との再会を胸に、どんな現実も描くことで生き抜いた男の感動の実話が基になっている。

メガホンをとったのは、フランスの全国紙「ル・モンド」などのイラストレーターとして活躍してきたオーレル。ジュゼップが収容所で記した鮮烈なスケッチに触発され、10年の歳月を費やして遂に本作を完成させた。

長編アニメーション監督デビューにして、セザール賞やリュミエール賞などヨーロッパの映画賞を総ナメし、東京アニメアワードフェスティバル2021で審査員をつとめた片渕須直監督が絶賛し、コンペティション部門長編アニメーショングランプリを見事獲得した。

数奇な運命を辿ったふたりの芸術家が惹かれ合う姿にも注目

本日7月6日はメキシコを代表する女性画家フリーダ・カーロの誕生日。彼女が描いた鮮烈な自画像は、一度目にしたら忘れられない人も多いはず。フェミニズム、革命家のアイコンとしても親しまれ、その波乱万丈な人生は、第75回アカデミー賞6部門ノミネートを果たした『フリーダ』(02)や、『フリーダ・カーロに魅せられて』(20)などで描かれてきた。

そんな彼女と同時代を生きたのが、本作の主人公である実在のスペイン人画家ジュゼップ ・バルトリ。スペイン内戦によりフランスの強制収容所で難民となりながらも、描くことで生き抜き、メキシコへの亡命を果たした後にフリーダの恋人となった。NY移住後は、マーク・ロスコやフランツ・クライン、ウィレム・デ・ クーニングといった画家らとも交流を持ち、「サタデー・イブニング・ポスト」や「ホリデイ」などでイラストを手がけてきた。

このたび解禁されたのは、本作に登場するフリーダ・カーロの姿を捉えた新場面写真4点。ジュゼップを愛おしそうに見つめるフリーダの姿をはじめ、タバコを咥え、神秘的な雰囲気が漂うカット、ジュゼップの肖像画を描く場面、家の壁に青いペンキを塗るシーンなどが映し出されている。数奇な運命を辿ったふたりの芸術家が惹かれ合う姿にも注目だ。

戦禍の時代と20世紀を生き抜いたアーティストの”魂の旅”を映像化した本作は、絵を描くこと、そして生きることの素晴らしさを伝えてくれる希望の物語。混迷の今だからこそ語り継ぎたい、あなたへ贈る感動の実話。続報にも注目だ。

作品情報

ジュゼップ 戦場の画家
8月13日(金) 、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

<STORY> 1939年2月。スペイン内戦の戦火から逃れた大勢の難民が南フランスに押し寄せる。フランス政府によって強制収容所に入れられた難民たちは、劣悪な環境のもとで飢えや病気に苦しみ、監視役のフランス人憲兵たちはことあるごとに虐待を加えていった。そんな中、粗末な小屋の壁や地面に黙々と絵を描いているジュゼップ・バルトリという画家がいた。新米の憲兵セルジュは先輩の憲兵たちの目を盗み、ジュゼップに紙と鉛筆を与え、ふたりの間にはいつしか有刺鉄線を越えた友情が芽生える。セルジュはジュゼップがスペイン脱出の際に離ればなれになった婚約者がいたことを知り、再会を夢見る切なる思いに触れ、彼女を探すのを手伝うが…。

監督:オーレル 脚本:ジャン=ルイ・ミレシ (『幼なじみ』、『キリマンジャロの雪』)
2020年/フランス・スペイン・ベルギー/仏語・カタロニア語・スペイン語・英語/74分/シネマスコープ/カラー/5.1ch/原題:JOSEP/日本語字幕:橋本 裕充

配給:ロングライド

©️Les Films d'Ici Méditerranée - France 3 Cinéma - Imagic Telecom - Les Films du Poisson Rouge - Lunanime - Promenons nous-dans les bois - Tchack - Les Fées Spéciales - In Efecto - Le Mémorial du Camp de Rivesaltes - Les Films d'Ici - Upside Films 2020

公式サイト:longride.jp/josep/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事