2017年に発売された台湾の同名大ヒットホラー・ゲームの映画化で、台湾人が忘れてはならない40年にも及んだ負の歴史を正面から描き、第56回金馬奨で主要12部門にノミネート、最優秀新人監督賞を含む最多5部門受賞の快挙を成し遂げた『返校 言葉が消えた日』が7月30日(金)公開。このたび、ゲームでお馴染みのアイテムが登場する、衝撃的で緊張感あふれるweb限定R15+特別予告編が解禁された。

外では読書会の仲間が、不気味な何者かに襲われている——

このたび解禁された特別予告編は、劇場で流れている通常の予告編とはテイストが異なり、ゲームでのアイテムやシーンを中心に、衝撃的なシーンの連続で緊迫感あふれる内容となっている。

「それはある高校で起こった悲しい事件だった」というテロップ。主人公のファン・レイシンが目を覚ますと、そこは雨音が聞こえるだけの暗闇の教室だった。ロウソクに火を灯し、稲妻が鳴り響く廊下を歩く。その時後ろから声をかけてきたのは、秘密の読書会のメンバーである男子学生のウェイ・ジョンティンだ。

「皆はどこへ行ったんだ」と校舎を彷徨う二人。その時! 突如顔のない女性が現れる。逃げ惑うファンとウェイ。そして、外では読書会の仲間が、不気味な何者かに襲われている――。

死体がぶら下がる部屋、麻袋を被った生徒が並び、全員で拍手をしている体育館。そんな背筋が凍るようなシーンが続き、「国に殺される!」という声が響きわたる。「どうしてこうなった?」耳を塞いで、絶叫するファンの叫び声の後、シーンは一転、息を潜める2人を何者かが少しずつ追い詰めていく。

本作の監督ジョン・スーは「ゲームの映画化で最も見たくないものは、原作であるゲームの精神に忠実でないものです。その形やスタイル、さらに物語の構造でさえ変えても良いと思いますが、私を含む世界中の多くのゲーマーが心を動かされた「返校 -Detention-」というゲームの持つ、感情の遍歴というテーマは映画に盛り込まれなければなりません。それが私にとって最も重要なことでした」と語る。

ゲーム発祥の地、台湾では、映画の公開後3日間の興行収入が6770万台湾元(約2億3500万円)に達するなど、2019年の台湾映画の興行収入の首位に立った。

作品情報

返校 言葉が消えた日
2021年7月30日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

【ストーリー】
1962年、蒋介石率いる国民党の独裁政権下の台湾では、市民に相互監視と密告が強制されていた。翠華高校に通う女子高生のファン・レイシン(ワン・ジン)が放課後の教室で眠りから目を覚ますと、何故か学校には誰もいなくなっていた。校内を一人さ迷うファンは、政府から禁じられた本を読む読書会メンバーで、秘かに彼女を慕う男子学生のウェイ・ジョンティンと出会い、協力して学校からの脱出を試みるが、どうしても外に出ることができない。消えた同級生や先生を探す二人は悪夢のような恐怖が迫るなか、学校で起こった政府による暴力的な迫害事件と、その原因を作った密告者の哀しい真相に近づいていくー。 

■監督:ジョン・スー ■出演:ワン・ジン、ツォン・ジンファ、フー・モンボー、チョイ・シーワン、チュウ・ホンジャン
■原題:返校/2019年/台湾/カラー/103分  R-15+

■配給:ツイン

ⓒ 1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

公式HP:henko-movie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事