4月1日(金)より日米同時公開される映画『モービウス』の主演ジャレッド・レトが、モービウスの驚異の「力」について解説する特別映像が解禁された。

ジャレッド・レト「制御できるかが鍵となる」

原作コミックではスパイダーマンの宿敵として描かれるモービウスを、徹底した役作りで知られるアカデミー賞®受賞俳優のジャレッド・レトが演じる映画『モービウス』。天才医師マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)は幼いころから血液の難病を患っていた。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロ(マット・スミス)のためにも、一日も早く、治療法を見つけ出したいという強い思いからマイケルは実験的な治療を自らに施す。それはコウモリの血清を投与するという危険すぎる治療法だった——。

今回解禁された特別映像では、モービウスの“無限の可能性を秘めたパワー”について、主演のジャレッド・レト自ら解き明かしている。

やせ細り今にも命の灯が消えようとしているモービウスは、協力してくれていた優秀な医師マルティーヌの手を借りて、コウモリの血清を投与する。モービウスは「“死”の恐怖が消え“生”を実感している」と、虚ろな目で天井を見上げていたが一変、隆起した筋肉で覆われた姿に!

ジャレッド・レトは、モービウスが手に入れたスーパーパワーについて「強靭的な肉体と超人的なスピード、飛行能力、聴力で周囲を感知するバットレーダー。無限の可能性を秘めた力だ」と解説。特にバットレーダーは、研ぎ澄まされた耳の力で自分のまわりの状況を瞬時に感知できるという、凄まじいパワーだ。

しかし、その力には大きな代償が伴う。副作用は“血を求める衝動”だった。ジャレッド・レトは続けて、「制御できるかが鍵となる」とモービウスのパワーの裏に存在する葛藤を話す。最後にはモービウスが「世界を救済するのか、破壊するのか」と意味深なコメントを残している。

『モービウス』は4月1日(金)全国の映画館にて公開。

作品情報

モービウス
2022年4月1日(金)全国の映画館にて公開

『モービウス』映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ) | Amazon

STORY
天才医師マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)。彼は幼いころから血液の難病を患っていた。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロ(マット・スミス)のためにも、一日も早く、治療法を見つけ出したいという強い思いからマイケルは実験的な治療を自らに施す。それはコウモリの血清を投与するという危険すぎる治療法だった。彼の身体は激変――。全身から力がみなぎり隆起した筋肉で覆われ、超人的なスピードと飛行能力、さらには周囲の状況を瞬時に感知するレーダー能力を手にする。しかしその代償は、抑えきれない「血への渇望」だった。まるで血に飢えたコウモリのように、自らをコントロールするために人工血液を飲み、薄れゆく人間としての意識を保つマイケルの前に、生きるためにその血清を投与してほしいと親友マイロが現れる。懇願するマイロを「危険すぎる、人間ではいられなくなる」と拒み続けるマイケル。しかし NY の街では、次々と全身の血が抜かれた殺人事件が頻発する――。

原題:MORBIUS
US 公開日:4 月 1 日(金)
監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:マット・サザマ/バーク・シャープレス
出演:ジャレッド・レト/マット・スミス/アドリア・アルホナ/ジャレッド・ハリス/アル・マドリガル/タイリース・ギブソン

©2022 CTMG. © & ™ 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

公式サイト https://www.morbius-movie.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事