有楽町のミュージックカフェ&バー「THE STAND」と4月22日より公開される映画『パリ13区』のタイアップが決定した。映画の世界観をイメージした大人気カヌレのペアリングプレートが発売される。

ホワイトチョコレートムースは映画のモノクロームな世界観を、フランボワーズソースで甘酸っぱい大人の恋愛模様を表現

映画『パリ13区』は2021年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品、ジャック・オディアール監督&セリーヌ・シアマ脚本の話題作。高層住宅が連なり多国籍なパリ13区を舞台に、ミレニアル世代の男女4人の、孤独や不安、愛やセックスにまつわる人間模様が描かれる。

今、巷で大流行中のフランス菓子カヌレ。「THE STAND」の中でも人気の高い、銀座のフレンチバル「VAPEUR」シェフが考案した「GINZA Corridor Cannelé」は、シンプルながら上質な味わいで、POP UPにて1日最大1000個以上売れる話題の商品。「THE STAND」では「GINZA Corridor Cannelé」と様々なマリアージュを提案するペアリングプレートをメニューとして展開している。

フランス気分を楽しめるスイーツ&映画というつながり、さらに本作が公開されるヒューマントラストシネマ有楽町のすぐそばという立地から、今回のタイアップが実現。映画の世界観をイメージしたペアリングプレート限定メニュー『シネマとカヌレ「パリ13区」ムース・オ・ショコラブラン&フリュイダムール』が4月18日(月)から5月末まで販売される。

ホワイトチョコレートムースは映画のモノクロームな世界観を、そしてフランボワーズソースで甘酸っぱい大人の恋愛模様を表現。フルーツの香りと酸味が調和し、ホワイトチョコレートの甘さを和らげバランスの良い味わいに仕上がっている。バニラ香るカヌレと合わせることで、より一層の上品な味わいが楽しめる。さらに期間中に映画チケットの半券を持参すると、THE STANDにて次回利用できる100円OFFクーポンを渡すキャンペーンも実施する。

作品情報

パリ13区
2022年4月22日(金)、新宿ピカデリーほかにて全国公開

『パリ13区』映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ) | Amazon

監督:ジャック・オディアール 『君と歩く世界』『ディーパンの闘い』『ゴールデン・リバー』
脚本:ジャック・オディアール、セリーヌ・シアマ『燃ゆる女の肖像』、レア・ミシウス
出演:ルーシー・チャン、マキタ・サンバ、ノエミ・メルラン『燃ゆる女の肖像』、ジェニー・ベス
原作:「アンバー・スウィート」「キリング・アンド・ダイング」「バカンスはハワイへ」エイドリアン・トミネ著(『キリング・アンド・ダイング』『サマーブロンド』収録:国書刊行会)

2021年/フランス/仏語・中国語/105分/モノクロ・カラー/4K 1.85ビスタ/5.1ch/原題Les Olympiades 英題:Paris, 13th District/日本語字幕:丸山垂穂/R18+

提供:松竹、ロングライド 配給:ロングライド

©︎ShannaBesson ©PAGE 114 - France 2 Cinéma

公式サイト https://longride.jp/paris13/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事