フランスを代表する名女優カトリーヌ・ドヌーヴと、本作でセザール賞最優秀主演男優賞を受賞した演技派ブノワ・マジメルの共演で魅せる感動作『愛する人に伝える言葉』(10月7日公開)の予告編が解禁された。ナレーションを務めるのは、フリーアナウンサーの笠井信輔。あわせて本作へのコメントも寄せている。

「がんサバイバーの私も希望と気づきを頂きました」

本作は、癌を宣告された主人公とその母親が、限られた時間のなか「人生のデスクの整理」をしながら、穏やかに死と対峙していく過程を感動的に描く物語。監督は『太陽のめざめ』(15)でカンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったエマニュエル・ベルコ。主人公を献身的に看病し、愛情を寄せる看護婦役には、『モンテーニュ通りのカフェ』などで知られるセシル・ド・フランス、そして主治医のドクター・エデ役には、実際に現役の癌専門医であるガブリエル・サラが扮しているのも話題だ。

このたび解禁されたのは、フリーアナウンサーの笠井信輔がナレーションを務める予告編。本作でセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したブノワ・マジメル演じるバンジャマンが、主治医から余命「半年から一年」と告知され、カトリーヌ・ドヌーヴ演じる母のクリスタルの、悲しみに暮れる姿が心を打つシーンから始まる。

人生半ばで膵臓癌を宣告されたバンジャマンは、名医として知られるドクター・エデから「一緒に進みましょう」と声をかけられ、教師として、母の愛を受ける子供として、そして父親として…様々な葛藤に苛まれながらも、死と対峙していく。その過程が穏やかに描かれてゆく。

映画予告編のナレーションは初めてという笠井。自身も悪性リンパ腫という重篤な病にかかり、4か月半の入院経験を持つ。本作については「これは、末期がんを悲しむ映画ではありません。人生の終点までどう生きればいいのか? そして、どう見送ってあげればいいのかを優しく教えてくれるのです。がんサバイバーの私も希望と気づきを頂きました」とコメントを寄せる。

「この映画は人生の讃歌だ」と監督エマニュエル・ベルコが語るように、本作は死を語ることで逆説的に生を描き、その尊さを見つめる感動作となっている。

『愛する人に伝える言葉』は10月7日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座 他全国公開。ムビチケは7月15日(金)発売開始される。

作品情報

愛する人に伝える言葉
2022年10月7日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座 他全国公開

監督:エマニュエル・ベルコ
脚本:エマニュエル・ベルコ、マルシア・ロマノ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ブノワ・マジメル、セシル・ド・フランス、ガブリエル・サラ
2021年/フランス映画/フランス語・英語/122分/カラー/スコープサイズ/5.1chデジタル/原題:De son vivant   
字幕翻訳:手束紀子

配給:ハーク/TMC/SDP 後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本

© Photo 2021 : Laurent CHAMPOUSSIN - LES FILMS DU KIOSQUE

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事