3人の男たちの人生を変えるスペインへの旅を描き、2011年に本国インドで大ヒットを記録、今なお名作として愛され続けるロードムービー『人生は二度とない』(10月28日公開)の場面写真が一挙解禁された。

3か月にわたり100か所以上のスペインロケが敢行された

異国を旅する3人の若者の友情と、それぞれが抱えた生きる悩みを、ユーモアを織り交ぜた巧みな脚本でスタイリッシュに描きだす本作は、2011年にインドで公開され、ヒンディー語作品の年間興行収入5位を記録して、インドからスペインへの観光客を倍増させる大ヒット。「友情を称える、かつてない作品」と批評家の絶賛を集め、米映画レビューサイト“ロッテン・トマト”でも異例の高評価を獲得した。

監督は、2019年に『ガリーボーイ』が米・アカデミー賞外国語映画賞インド代表作品に選ばれたゾーヤー・アクタル。若き俊英監督のもと、『スーパー30 アーナンド先生の教室』のリティク・ローシャン、『チェイス!』のカトリーナ・カイフなど人気俳優が集結している。

本作は当初メキシコでのロケが計画されていたが、構想時の映画タイトルが“Running with the Bulls”であったため、牛追い祭りの歴史と文化があるスペインに決定。光に溢れ、眩いばかりのスペインの美しい自然や、歴史的な街並み、各地の伝統的な文化を余すところなく映し出すため、3か月にわたり100か所以上のスペインロケが敢行された。

スペインでの主なロケ地は、スキューバダイビングに挑戦するコスタ・ブラバ、トマト祭に参加するブニョール、スカイダイビングに挑戦するセビリア、牛追い祭りに参加するパンプローナなど多岐にわたり、リュレッド・ダ・マールのビーチは、ヌーディスト・ビーチであるため、ヌーディストが映り込まないように苦労したという。

このたび解禁された場面写真では、美しいビーチでくつろぐ3人の姿や、躍動感あふれるトマト祭りや牛追い祭りのスペイン伝統文化を感じさせるもの、スペイン南部のウェルバ州アラハルで地元のエキストラと一緒に撮影された本作唯一のダンスシーンなど、どれも美しい風景の中に旅の楽しさを感じさせる一瞬が捉えられている。

『人生は二度とない』は10月28日(金)全国順次ロードショー。

作品情報

人生は二度とない
2022年10月28日(金)全国順次ロードショー

STORY
大富豪の娘との結婚を目前にしたカビール、金融ブローカーとして富を求めるアルジュン、皮肉屋のコピーライター、イムラーンの学生時代の仲良し3人組は、カビールの独身さよなら旅行として3週間のスペイン縦断の旅に出る。それは、彼らに人生の意味を問いかけ、生き方を変える宝物になった…。

出演:リティク・ローシャン『スーパー30 アーナンド先生の教室』 アバイ・デーオール ファルハーン・アクタル カトリーナ・カイフ
監督:ゾーヤー・アクタル 『ガリーボーイ』
配給:SPACEBOX 宣伝:シネブリッジ

原題:Zindagi Na Milegi Dobara/2011年/インド/ヒンディー語/シネスコ/153分

©️Eros International ©️Excel Entertainment

公式サイト spaceboxjapan.jp/jinsei

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事