20年前に公開され、日本と韓国で異例の大ヒットを記録した 『おばあちゃんの家』 がデジタル・リマスター版として、2023年1月6日(金)より新宿シネマカリテにて待望のリバイバル公開されることが決定した。

子役時代のユ・スンホのあどけない貴重な姿は必見

会ったこともない田舎のおばあちゃんの家へ連れて行かれた少年サンウと、彼を無条件の愛で包んでくれるおばあちゃんとのひと夏を描いた本作は、2002年韓国・大鐘賞最優秀作品賞、最優秀脚本賞、最優秀企画賞を受賞し、韓国ではなんと400万人動員を記録。『シュリ』 『JSA』 といった大作映画が続々公開されてはヒットを飛ばしていた当時の韓国において、ローバジェットの本作の大ヒットは異例中の異例、大きな話題に。日本では2003年に「岩波ホール創立35周年記念映画」として公開され、3か月間ものロングランを記録した感動作。

母親と二人でソウルに住むサンウは、ある日、田舎のおばあちゃんの家へ連れて行かれる。母親が新しい仕事を見つけるまでの間、会ったこともないおばあちゃんと暮らすことになったのだ。話すことができず、読み書きもできないおばあちゃんをバカにし、不自由な山の生活に不満を爆発させるサンウはわがままのし放題。しかし、決して叱らず、サンウの願いを一心に叶えようとするおばあちゃんにサンウは少しずつ心を開いていく。やがて彼の心に信頼と愛情が芽生えた時、母親が迎えにやってくる……。

「おばあちゃんに感謝する映画を撮りたかった」と語るイ・ジョンヒャン監督。おばあちゃんを演じたキム・ウルブンに“一目惚れ”し、映画出演はおろか映画そのものを見たことさえないという彼女を主演に迎えた。

おばあちゃんが実際に住んでいた山の中の村を舞台に、少年サンウ以外の出演者は全員村の住民の素人! 監督はしかし、彼らの生きてきた人生そのものを引き出して物語に真実味と厚みを付け加えることに成功し、観る者は“田舎の村の暮らし”に胸を打たれる。

サンウを演じたのは、後にドラマ「ペク・ドンス」「プロポーズ大作戦~Mission to Love~」「仮面の王位イ・ソン」「ロボットじゃない~君に夢中!~」、映画 『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』 『朝鮮魔術師』などに出演しブレイクを果たしたユ・スンホ。 映画初出演、子役時代のあどけない貴重な姿は必見だ。

作品情報

おばあちゃんの家
2023年1月6日(金)より 新宿シネマカリテ にてロードショー

監督・脚本:イ・ジョンヒャン 製作:ファン・ウヒョン、ファン・ジェウ 製作総指揮:キム・スンボン
出演:キム・ウルブン、ユ・スンホ、ミン・ギョンフン
2002年/韓国/カラー/ビスタサイズ/ステレオ /配給:ハーク

© Tube Entertainment all rights reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事