ジョニー・デップ製作・主演最新作『MINAMATA−ミナマタ−』が9月23日(木・祝)にTOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開。このたび、「LIFE」の編集長役で本作に出演する英国の名優ビル・ナイのインタビュー映像が解禁された。

ビル・ナイのほか、日本から真田広之、國村隼、美波など実力派キャストが集結

熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミスとアイリーン・美緒子・スミスが1975年に発表した写真集「MINAMATA」だ。ジョニー・デップ自身が長年の憧れだったと語るユージン。彼の遺作ともなったこの写真集を基に、ジョニー自身の製作・主演で待望の映画化が実現した。

映画では、報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージンが、当時の妻アイリーンとともに水俣を訪れ1971年から1974年の3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていく濃密な日々がドラマチックに描かれる。「彼(ユージン)は心の中に痛みを抱えていた。でも、水俣が彼の心を再び開いたんだと思う」と語るジョニー・デップが容姿から内面に至るまで、傷ついた写真家が、再びカメラを手に取り、闘いに身を投じていくその生き様を見事に体現し現代に蘇らせた。

本作は、2020年ベルリン国際映画祭で特別招待作としてワールドプレミア上映され「デップが最高の演技を披露-THE PLAYLIST」「デップが役に消える—DEADLINE」とジョニーの魂の演技に各国メディアが絶賛。プレミアの模様は日本ほか世界中のメディアで報道された。共演はビル・ナイ、日本から真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子など実力派キャストが集結。音楽を手掛けたのは坂本龍一。

「この作品は成功しそうだと思いました」

本作では、ユージン・スミスの気難しい性格に悩まされながらも、写真家としての腕を誰よりも信じる、「LIFE」の編集長ロバート・ヘイズ役を演じるビル・ナイ。舞台役者としてキャリアをスタートさせたビル・ナイは、『ラブ・アクチュアリー』(03)で破天荒なロック歌手役を演じ、英国アカデミー賞助演男優賞他多数の賞を受賞。以降、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(11)、『アバウト・タイム 愛おしい時間について』(13) 、そして『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでは、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウの宿敵デイヴィ・ジョーンズ役と、圧倒的な存在感でこれまで幅広い役柄を演じてきた。

このたび、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド』(07)以来、約13年ぶりにジョニー・デップと共演を果たしたことについて、「最高でしたよ。相変わらず親切で歓迎してくれました。ユージン・スミスのメイクをした彼を初めて見た時は感動を覚えましたね。この作品は成功しそうだと思いました」と念願の再会に喜びながら、ユージンそのものであるジョニーの姿をみて、ヒットを確信したという。

「LIFE」の編集長ロバート・ヘイズ役を演じるにあたり、「最終的にはロバート・ヘイズという名前になりましたが、特定の人物をモデルにしたわけではありません。実はモデルになった編集者は何人かいて、それを合体させたんです。だからヘイズに関するリサーチはしていません」と意外な事実を明かした。

アンドリュー・レヴィタス監督については、「アンドリューのことは知らず、初めて現場で会いましたが、最高でしたよ。すごく用意周到で頼りになり、礼儀正しい監督でした。インディペンデント映画は時間と予算の面でプレッシャーがかかります。それでも彼は見事に物語を伝えました」と絶大な信頼を置く。

最後に完成した映画を観た感想を尋ねられると、「自分の出演作は見ません。見ると自信をなくして仕事をするのが難しくなるだけですからね」とその堂々たる演技とは対照的に、繊細な一面をみせた。

ジョニー・デップをはじめ、日本からは真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子ら実力派俳優が集まり、さらに英国からは名優ビル・ナイが参戦! 超豪華キャストたちでおくる、警告と希望を焼き付けた、今こそ体験するべき一本が誕生した。

あわせて読みたい
作品情報

MINAMATA−ミナマタ−
2021年9月23日(木・祝)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開

【ストーリー】1971年、ニューヨーク。アメリカを代表する写真家の一人と称えられたユージン・スミスは、今では酒に溺れ荒んだ生活を送っていた。そんな時、アイリーンと名乗る女性から、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。水銀に冒され歩くことも話すことも出来ない子供たち、激化する抗議運動、それを力で押さえつける工場側。そんな光景に驚きながらも冷静にシャッターを切り続けるユージンだったが、ある事がきっかけで自身も危険な反撃にあう。追い詰められたユージンは、水俣病と共に生きる人々にある提案をし、彼自身の人生と世界を変える写真を撮る──。 

製作:ジョニー・デップ
監督:アンドリュー・レヴィタス 脚本:デヴィッド・ケスラー
原案:写真集「MINAMATA」W.ユージン・スミス、アイリーンM.スミス(著)
出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子and ビル・ナイ
音楽:坂本龍一

2020年/アメリカ/英語・日本語/115分/1.85ビスタ/カラー/5.1ch/原題:MINAMATA/日本語字幕:髙内朝子

提供:ニューセレクト株式会社、カルチュア・パブリッシャーズ、ロングライド
配給:ロングライド、アルバトロス・フィルム

© 2020 MINAMATA FILM, LLC  
© Larry Horricks

公式サイト:longride.jp/minamata/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事