ジェシカ・チャステインをはじめとするトップ女優たちが夢の競演を果たすスパイ・アクション大作『355』がついに今週末2月4日(金)より公開。このたび、本作の発起人の一人であり、最強の格闘スキルを誇るCIA女性エージェント・メイスを演じたジェシカ・チャステインのインタビュー映像が解禁された。

「全部私のアイデアだから100%大満足」

本作は、世界中を混乱に陥れる最新テクノロジーをめぐって、世界中の凄腕エージェントが集結し、過酷なミッションに挑むスパイ・アクション大作。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ、カンヌ映画祭での受賞歴のあるダイアン・クルーガーとペネロペ・クルス、そしてアジアを代表するファン・ビンビンら、現代を代表する実力派女優たちが夢の競演。監督には『X-MEN:ダーク・フェニックス』で初監督したサイモン・キンバーグ。豪華キャストの競演と誰が敵か味方かわからない、二転三転するストーリー展開から目が離せない。

『ミッション:インポッシブル』『007』シリーズのような本格派のスパイ・アクションをオール女性キャストで作りたい。本作はそんなジェシカのアイデアから始まった。このたび解禁されたインタビュー映像では、ジェシカがこちらを強い眼差しで見つめながら「これ以上のキャストはない」と理想的キャスティングであると胸を張り、プロデューサーとしての苦労も語っている。

まず『355』というタイトルについて「“355”は初の女性スパイに与えられたコードネームよ。アメリカの独立戦争でワシントン側のスパイだった。彼女の素性は不明で“355”と記録されているだけ。今でも諜報活動を行う女性は誇りを持って“355”と名乗ると聞いているわ。初の女性スパイに対する敬意を表しているの」と、その由来についてスラスラと解説してくれる。

ジェシカが演じたのは、最強の格闘スキルを誇るCIA女性エージェント・メイス。「彼女は一匹狼でいかにもスパイという感じね。ちょっと陰気で独りで仕事をしたがるタイプ。でもメイスは問題を解決するため、他人と協力することを学ぶのよ。彼女にとって大事な学びだった」と、役柄を分析する。

メイス同様、本作のプロデューサー業を通してジェシカ自信にとっても多くの学びがあったようだ。「今回最も苦労したのは映画を完成させることよ。想像していたよりもずっと大変なことだった。キャストを決めて、脚本を書いてもらい、そして予算を確保する。脚本を詰めるにもお金が発生するわ。さまざまな手配を進めて、たくさんの契約をまとめたわ。とにかく必死になって準備を進めたの。学ぶことも多かった作品よ」と新たな経験による自身の成長を実感したようだ。

自らもコミットしたキャスティングについては「これ以上のキャストはいないわ」と断言し「まず私が共演したい人を挙げたの。ペネロペ・クルスとルピタ・ニョンゴとファン・ビンビンとダイアン・クルーガー、とね。全部私のアイデアだから100%大満足よ。最高のキャストで毎日幸せだったわ」と理想的座組の実現に満足げな笑顔を見せている。

『355』は2月4日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

作品情報

355
2022年2月4日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

STORY
格闘術のスキルが高いCIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、過去にトラウマを抱えるBND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成する。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。果たして第3次世界大戦を阻止することはできるのかー

【CAST】 ジェシカ・チャステイン ペネロペ・クルス ファン・ビンビン ダイアン・クルーガー ルピタ・ニョンゴ with エドガー・ラミレス and セバスチャン・スタン
監督:サイモン・キンバーグ(『X-MEN:ダーク・フェニックス』)
脚本:テレサ・レベック サイモン・キンバーグ
製作:ケリー・カーマイケル ジェシカ・チャステイン サイモン・キンバーグ
製作総指揮:リチャード・ヒューイット(『ボヘミアン・ラプソディ』) エスモンド・レン(『チャイニーズ・ゾディアック』)、ワン・ルイ・ファン
音楽:トム・ホーケンバーグ(『マッド・マックス怒りのデスロード』『ゴジラVSコング』)
【原題:THE 355/2022年/イギリス/英語/カラー/ドルビー・デジタル/スコープ/122分/PG-12/字幕翻訳:チオキ真理
提供:木下グループ
※US公開:2022年1月7日予定(US配給:Universal)

配給:キノフィルムズ

©2020 UNIVERSAL STUDIOS. ©355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

公式サイト 355-movie.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事