ジェシカ・チャステインをはじめとするトップ女優たちが夢の競演を果たすスパイ・アクション大作『355』が本日2月4日(金)より公開されたのを記念して、圧巻のバトルアクションシーンとメイキング映像を織り交ぜた特別映像が解禁された。ジェシカ・チャステインとセバスチャン・スタンの「ガチ対決」シーンの一部も収められている。

「スタントシーンのトレーニングをこんなに楽しめるとは自分でも想像していなかった」

本作は、世界中を混乱に陥れる最新テクノロジーをめぐって、世界中の凄腕エージェントが集結し、過酷なミッションに挑むスパイ・アクション大作。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ、カンヌ映画祭での受賞歴のあるダイアン・クルーガーとペネロペ・クルス、そしてアジアを代表するファン・ビンビンら、現代を代表する実力派女優たちが夢の競演。監督には『X-MEN:ダーク・フェニックス』で初監督したサイモン・キンバーグ。豪華キャストの競演と誰が敵か味方かわからない、二転三転するストーリー展開から目が離せない。

今回解禁された映像は、本作『355』のプロデューサー兼主演を務めるジェシカ・チャステインから日本の映画ファンへ向けたグリーティングからはじまる。

ジェシカや監督たちのコメントとともに映し出されるのは、『ジェイソン・ボーン』や『007』シリーズかと見まがうようなリアル志向の肉弾ファイトや銃撃戦、趣向を凝らしたアクションシーン。ジェシカが「スタントシーンのトレーニングをこんなに楽しめるとは自分でも想像していなかった」と言うように、女優5人とセバスチャン・スタンなどの主演チームは、台本で詳細に要求されたアクションを実演するため、撮影が始まる何週間も前からトレーニングに励んだという。

メイキングシーンにはジェシカとセバスタの格闘トレーニングの様子も収められている。ストーリーの始まりでは親友でありパートナーだった2人が“無慈悲で感情的に”バトルする理由とは?! その答えは本編で確かめてみよう。

その他にもダイアン・クルーガーとジェシカの女同士のタイマンバトルや、ファン・ビンビンのカンフー棍術など、出演者全員が火花を散らす圧巻のアクションシーンが満載。監督のサイモン・キンバーグが「すべてのアクションに実際の痛みを感じてもらえると思う」と自信満々に語る通り、撮影現場の映像チェックで「これは痛そう…」とジェシカも唸った、華麗かつ残酷で臨場感たっぷりのバトルアクションは必見だ。

『355』は本日2月4日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー中。

作品情報

355
2022年2月4日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

STORY
格闘術のスキルが高いCIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、過去にトラウマを抱えるBND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成する。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。果たして第3次世界大戦を阻止することはできるのかー

【CAST】 ジェシカ・チャステイン ペネロペ・クルス ファン・ビンビン ダイアン・クルーガー ルピタ・ニョンゴ with エドガー・ラミレス and セバスチャン・スタン
監督:サイモン・キンバーグ(『X-MEN:ダーク・フェニックス』)
脚本:テレサ・レベック サイモン・キンバーグ
製作:ケリー・カーマイケル ジェシカ・チャステイン サイモン・キンバーグ
製作総指揮:リチャード・ヒューイット(『ボヘミアン・ラプソディ』) エスモンド・レン(『チャイニーズ・ゾディアック』)、ワン・ルイ・ファン
音楽:トム・ホーケンバーグ(『マッド・マックス怒りのデスロード』『ゴジラVSコング』)
【原題:THE 355/2022年/イギリス/英語/カラー/ドルビー・デジタル/スコープ/122分/PG-12/字幕翻訳:チオキ真理
提供:木下グループ
※US公開:2022年1月7日予定(US配給:Universal)

配給:キノフィルムズ

©2020 UNIVERSAL STUDIOS. ©355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

公式サイト 355-movie.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事