マーベルの新たなるヴィランを描く映画『モービウス』(4月1日公開)の日本語吹替版本編映像が初解禁された。主人公モービウスと親友マイロが「禁断の治療」をめぐって決別していく衝撃のシーンを、モービウス役の中村悠一&親友マイロ役の杉田智和が息を呑む迫真の演技で魅せている。

マイロにモービウスは優しく触れると、「これは呪いだよ」とつぶやく

原作コミックではスパイダーマンの宿敵として描かれるモービウスを初めて主人公にした映画『モービウス』。血に飢えたヴィランと命を救う医師という二つの顔を持つ彼を、徹底した役作りで知られるアカデミー賞®受賞俳優のジャレッド・レトが演じる。その親友マイロを演じるのは『ドクター・フー』のマット・スミス。

幼いころから血液の難病という同じ病気に苦しみ、兄弟のようにお互いを理解し合ってきた親友同士のモービウスとマイロ。その関係は大人になっても変わらなかった。モービウスはマイロのためにも自分のためにも、長年にわたり研究を試みてきたが、一向に治療法を見つけ出せないでいた…。迫りゆく死を感じていたモービウスは最後の手段として、コウモリの血清を自らに投与するという「禁断の治療」を施し、その結果、驚異の肉体と超人的なパワーを手に入れることになる。

今回解禁となった日本語吹替版本編映像は、病気が回復したように見えたモービウスに、生きるために自分にもその血清を投与してほしいと親友マイロが懇願するシーン。

モービウスは「ひどいことをしたんだ、マイロ。何人も殺した」と、コンテナ船の上で行った禁断の治療によって、自分が取り返しのつかない罪を犯してしまったことを告白する。マイロは「なに? いやいや、そんなのどうにでもなる。船のヤツらは金で雇われた人殺しのゴロつきだ。僕が上手くやる。お願いだ、君の頼みを断ったことがあるか? いつだって金を出してやったろう!」と、鬼気迫る表情でモービウスに迫る。

しかしモービウスは、この治療の代償である“衝動を抑えられない”という副作用があることを強い口調で告白。聞く耳を持たないマイロは「君は生き続けるが僕は死ぬ。そういうことか?」と、吐き捨てるように言う。そんなマイロにモービウスは優しく触れると、「これは呪いだよ」と言い聞かせるようにつぶやくのだった。

親友マイロのためを思って治療を拒み続けるモービウス。このシーンを機に、親友同士の運命が後戻りできないほどに大きく隔たり、ふたりは敵として戦うことになってしまう! 果たしてふたりを待ち受ける衝撃の結末とは?

『モービウス』は4月1日(金)全国の映画館にて公開。

作品情報

モービウス
2022年4月1日(金)全国の映画館にて公開

『モービウス』映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ) | Amazon

STORY
天才医師マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)。彼は幼いころから血液の難病を患っていた。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロ(マット・スミス)のためにも、一日も早く、治療法を見つけ出したいという強い思いからマイケルは実験的な治療を自らに施す。それはコウモリの血清を投与するという危険すぎる治療法だった。彼の身体は激変――。全身から力がみなぎり隆起した筋肉で覆われ、超人的なスピードと飛行能力、さらには周囲の状況を瞬時に感知するレーダー能力を手にする。しかしその代償は、抑えきれない「血への渇望」だった。まるで血に飢えたコウモリのように、自らをコントロールするために人工血液を飲み、薄れゆく人間としての意識を保つマイケルの前に、生きるためにその血清を投与してほしいと親友マイロが現れる。懇願するマイロを「危険すぎる、人間ではいられなくなる」と拒み続けるマイケル。しかし NY の街では、次々と全身の血が抜かれた殺人事件が頻発する――。

原題:MORBIUS
US 公開日:4 月 1 日(金)
監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:マット・サザマ/バーク・シャープレス
出演:ジャレッド・レト/マット・スミス/アドリア・アルホナ/ジャレッド・ハリス/アル・マドリガル/タイリース・ギブソン

©2022 CTMG. © & ™ 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

公式サイト https://www.morbius-movie.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事