EXOのチャンヨルが映画初主演を務める『ぼくの歌が聴こえたら』(全国公開中)の挿入歌「Raining」のミュージッククリップが公開された。さらに、テアトル系列劇場でもらえる本作の入場者プレゼント情報が解禁された。

哀愁漂うメロディをバックに、劇中のハイライト映像が映し出されていく

⽇本でも大⼈気のダンスボーカルグループ、EXOのメンバーであるチャンヨルが映画初主演を果たした本作は、2021年3⽉29⽇の兵役直前に韓国で公開され、初登場1位を獲得したミュージックロードムービー。共演に『今、私たちの学校は…』(22)などで活躍するチョ・ダルファン。監督は、2018年の平昌オリンピックの開幕式の演出を担当し、本作で映画初挑戦となるヤン・ジョンウン。

借⾦まみれの⾳楽プロデューサーのミンス(チョ・ダルファン)は、ある⽇駐⾞場の受付でギター⽚⼿に歌っていたチフン(チャンヨル)と出会う。その歌声に感動したミンスは、躊躇するチフンを半ば強引にスカウトして10回のライブを契約させてしまう。しかしチフンは、天才的な才能がありながら少年時代のトラウマで⼈前で歌うことができなかった。果たして二人はライブツアーを成功させることができるのか?

このたび解禁されたのは、チャンヨルが歌う挿⼊歌「Raining」をバックにチフン(チャンヨル)とミンス(チョ・ダルファン)の旅の軌跡を振り返ることができる本作のミュージッククリップ。

哀愁漂うメロディをバックに、チフンがギターを持って歌う姿をはじめ、2⼈の出会い、挫折、そして喜びを分かち合うシーンなど、2⼈の旅のハイライトが映し出されていく。また、所々に挟み込まれる撮影の裏側を捉えたメイキング映像では、チャンヨルの真剣な眼差しで撮影に臨む姿はもちろん、カメラに向かって笑顔を⾒せる姿も⾒ることができる。

あわせて、テアトル系列劇場限定⼊場者プレゼント「Cinemagnet」(シネマグネット)の情報が解禁。「Cinemagnet」(シネマグネット)は、鑑賞した映画の記憶を持ち帰ることができるオリジナルマグネット。「映画館からの帰り道、次の⽇の朝、はたまた1年後の今⽇に、⼿にした時にふと蘇るきっかけになれば」という想いが込められている。6⽉18⽇(⼟)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋⾕、シネ・リーブル梅⽥、シネ・リーブル神⼾、アップリンク京都の全5館で先着順・数量限定にて入場者にプレゼントされる。

「Cinemagnet」(シネマグネット)サンプル

『ぼくの歌が聴こえたら』は⼤ヒット公開中。

作品情報

ぼくの歌が聴こえたら
2022年6⽉10⽇(⾦) シネマート新宿、ヒューマントラスト有楽町ほか全国公開

STORY
新⼈発掘の才能がありながら運に⾒放され、今では借⾦まみれとなってしまった⾳楽プロデューサーのミンスは、ある⽇駐⾞場の受付でギター⽚⼿に歌っていたチフン(チャンヨル)と出会う。その歌声に感動し、バックバンドを従えて堂々と歌う将来までも頭に浮かんだミンスは、躊躇するチフンを半ば強引にスカウトして10回のライブを契約させてしまう。天才的な才能がありながら少年時代のトラウマで⼈前では歌えないというチフンにミンスは冷蔵庫⽤の⼤きな段ボールを⽤意。勝ち気なミンスと内気なチフン、全く性格の違う2⼈の共通点は「⾳楽」だけ。果たしてライブツアーを成功させることができるのか?

出演︓チャンヨル(EXO、『チャンス商会 初恋を探して』(15)) 、チョ・ダルファン(『ワンステップ 君と僕のメロディ』(17))
監督・脚本︓ヤン・ジョンウン
2021年/韓国/韓国語/93分/シネスコ/5.1ch/原題︓더 박스/英題︓THE BOX
⽇本語字幕︓江波 智⼦/提供︓ニューセレクト/配給︓アルバトロス・フィルム

© 2021 STUDIO TAKE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト bokuno-uta.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事