夢枕獏(作)× 谷口ジロー(画)の傑作漫画をアニメ映画化した『神々の山嶺』がいよいよ今週末7月8日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開。このたび、2017年、映画の完成を観る前にこの世を去った天才漫画家、谷口ジローの生前のインタビュー映像が公開された。2014年の製作開始時に収録された貴重な映像だ。

『神々の山嶺』プロデューサーらと初顔合わせ(パリにて、2014年6月)
「私にできることがあれば本当に参加したいという気持ちです」

本作は、「登山家マロリーはエベレスト初登頂に成功したのか?」という登山史上最大の謎をめぐる二人の男の物語。本作の完成を願いながら惜しくも2017年にこの世を去った谷口ジロー自身も製作に参加。大ヒットアニメーション映画『ウルフウォーカー』の製作チームと共に7年の歳月をかけ、熱い人間ドラマと実写では再現不可能な命がけの登攀シーンを圧巻の映像で表現した本作は、フランスのアカデミー賞に当たるセザール賞で見事アニメーション映画賞を受賞。同国で大ヒットを記録し今回、ついに堂々日本凱旋上映が決定。公開にあたり堀内賢雄、大塚明夫、逢坂良太、今井麻美といった日本を代表する豪華声優陣が吹き替えを務め世界初のアニメ版に息吹を吹き込んだ。

『神々の山嶺』

このたび解禁されたインタビュー映像では、谷口が「アニメ映画の完成を非常に楽しみにしていて、これまでに何度かスタッフのプロデューサーの方、監督にお会いしてこのアニメに対してのすごい熱意というか意気込みを感じていて本当に実現してほしいという気持ちでいっぱいです」と穏やかな人柄が溢れる口調で語っている。

また、「かなり力を入れて描いた作品なので、映像となるのがすごく楽しみ。私にできることがあれば本当に参加したいという気持ちです」と意気込みを話す姿も。

谷口の漫画「神々の山嶺」に魅了され、アニメ化を人生最大の企画として実現させたフランス人プロデューサー・オストレロは、谷口に映画化への猛烈な想いを綴った手紙でアプローチをかけ、谷口から快諾を得たという。

実際に谷口は、フランスへと二度赴き、アートビジュアルの方向性を決める会議に参加。監督にも積極的にアドバイスを与え、固まっていくビジュアルに満足な反応を見せていたという。圧倒的かつ繊細な筆致で世界を虜にしていた谷口の魂の一部が本作にも宿っている。

これにあわせて、谷口をリスペクトする著名人からのコメントも続々と到着。谷口ジローの漫画『ふらり。』を担当した編集者の佐渡島庸平や、この谷口の原作から山の魅力を知り、大ヒット漫画『ヤマノススメ 』を誕生させたイラストレーターで漫画家のしろ、登山家でもあるモンベルグループ代表の辰野勇、キャンプ好きで自分の山を所有するお笑い芸人バイきんぐ西村瑞樹らによる絶賛が相次ぐ内容となっている(コメント一覧は以下にて)。

『神々の山嶺』は7月8日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

著名人コメント(順不同・敬称略)

佐渡島庸平(編集者・株式会社コルク代表)
夢枕獏作品、谷口ジロー作品が持っていた男たちの山へと賭ける生き様、ドラマの緊張感が、フランスアニメ映画でも、しっかりと再現されていた。
谷口さんが生きていたら、きっと観て、感動しただろう。

辰野勇(モンベルグループ代表・登山家)
物語は、マロリー遭難のミステリー究明に端を発し、抑えきれない登山家の冒険心や葛藤が見事に描かれた作品です。更に、アニメの特性を発揮して登攀の細部など、山岳専門家の観賞にも答える臨場感あふれる作品でもあります。

しろ(イラストレーター・漫画家『ヤマノススメ』、『カメラはじめてもいいですか?』)
鬼スラ、グランド・ジョラス、エヴェレスト・・・挑む山の魅力を教えてくれたのはこの作品でした。
それが長い年月を経てまさかのアニメ映画化、あの長大で重厚な物語をスマートにまとめあげ山岳の魅力を凝縮した素晴らしい作品へと変化を遂げていました。
肉のきしむような生々しい、それと同時に詩的にも感じる美しい迫真の映像、是非ご覧ください!

西村瑞樹 (バイきんぐ/芸人)
登攀シーンでは思わず息を呑むような場面もあり、張り詰めた緊張感によってどんどん作品に引き込まれていった。山に取り憑かれた男を突き動かすものは一体何なのか?全てを背負い込んでひたすら進む姿に心を打たれた。

作品情報

神々の山嶺(いただき)
2022年7月8日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

STORY
「登山家マロリーがエベレスト初登頂を成し遂げたかもしれない」といういまだ未解決の謎。その謎が解明されれば歴史が変わることになる。カメラマンの深町誠はネパールで、何年も前に消息を絶った孤高のクライマー・羽生丈二が、マロリーの遺品と思われるカメラを手に去っていく姿を目撃。深町は、羽生を見つけ出しマロリーの謎を突き止めようと、羽生の人生の軌跡を追い始める。やがて二人の運命は交差し、不可能とされる冬季エベレスト南西壁無酸素単独登頂に挑むこととなる。

監督: パトリック・インバート
原作:「神々の山嶺」作・夢枕獏 画・谷口ジロー(集英社刊)
日本語吹き替えキャスト:堀内賢雄 大塚明夫 逢坂良太 今井麻美
2021年/94分/フランス、ルクセンブルク/仏語/1.85ビスタ/5.1ch/原題:LE SOMMET DES DIEUX /吹替翻訳:光瀬憲子
配給:ロングライド、東京テアトル

© Le Sommet des Dieux - 2021 / Julianne Films / Folivari / Mélusine Productions / France 3 Cinéma / Aura Cinéma

公式サイト longride.jp/kamigami/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事