9月2日(金)より全国 11 館で公開された『デリシュ!』が、ミニシアターランキング(小規模公開作品・週末観客動員数)で初登場 1 位を獲得。この大ヒットを記念して本編映像が緊急解禁された。主人公の元宮廷料理人マンスロンが良い食材の見極め方を伝授するシーンだ。

「終始美味しそうな映画」「絵画のような風景が眼にも美味しい」とSNSで絶賛の声続出

本作は美食の国フランスを舞台に、世界で初めてレストランを作った料理人が起こした“美味しい革命”を描く爽快な人間ドラマ。1789年、フランス革命前夜。宮廷料理人マンスロン(グレゴリー・ガドゥボワ)は、自慢の創作料理「デリシュ」にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い、主人である傲慢な公爵(バンジャマン・ラベルネ)に解任される。失意を抱え、実家に帰った彼のもとに、ある日、料理を学びたいという謎めいた女性ルイーズ(イザベル・カレ)が現れる。彼女の助けと息子の協力を得たマンスロンは料理を作る喜びを再び見出し、世界で初めて一般人のために開かれたレストランを営むことになる。

9月2日に日本公開を迎えた本作は、SNSで絶賛の声が続出。元宮廷料理人マンスロンが作り出す豪華絢爛な料理の数々に対して、「終始美味しそうな映画」「絵画のような風景が眼にも美味しい」「極上の作品」「とにかく出てくる料理がいちいち美味そうで眼福」「優雅で美しい飯テロ映画」など賞賛の嵐。

またフランスの美しい風景と美味しい料理を絵画的に表現した映像には、「美味しそうな料理と田舎の景色に癒された」「絵画の様なカットの連続に癒された」「豪奢な貴族の衣装などがとにかく美しかった」「田舎の風景が綺麗な世界観に引き込まれる良い映画」「全編に渡り、印象派の絵画を観ているよう」「好きが詰まった最高の映画」との声が上がっている。

今回の大ヒットを発信を記念して解禁された本編映像は、主人公マンスロンに弟子入りを志願した女性ルイーズに、料理の基本である良い食材の見極め方を伝授する場面。

テーブルの上には、ルイーズが採ってきた木の実やキノコや香草がズラリと並ぶ。マンスロンは食材をひとつひとつ吟味していく。「この香草は小便臭い。キノコはこの 2 つと小さいのは合格」と食材の見極め方を指南すると、キノコを指して「だがこれは誰かを消したいときに使う。テングダケだ。3 日で死ぬ。俺に食わせるか?」とジョーク混じりにルイーズに問いかける。

オムレツを作りながら耳を傾けているルイーズにマンスロンは続ける。「森の奥にはトリュフやウズラも。いい食材を見分けてこそ真の料理人だ」と、食材の採取から調理まですべてがつながってこそ美味しい料理が出来るのだと教える。マンスロンはルイーズに「オムレツは?」と問い、焼け具合を確認しながらオムレツを口にし、「味がない」と一蹴するのだが…。

謎の女性ルイーズの弟子入り、父の信念を信じる息子の応援で、料理人としての誇りを取り戻したマンスロンは、貴族だけではなく一般人にも開かれた世界で初めてのレストラン開業に挑むことになる。フランス革命前夜、自らの表現を信じた料理人が起こしたもうひとつの“美味しい革命”はどんな展開を迎えるのか? 映像の続きは映画館で確かめてみよう。

『デリシュ!』はTOHO シネマズ シャンテほか大ヒット上映中。

作品情報

デリシュ!
2022年9月2日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開

出演:グレゴリー・ガドゥボワ、イザベル・カレ、バンジャマン・ラベルネ、ギヨーム・ドゥ・トンケデック プロデューサー:クリストフ・ロシニョン & フィリップ・ボエファール
監督:エリック・ベナール 脚本:エリック・ベナール、ニコラ・ブークリエフ 撮影:ジャン=マリー・ドルージュ 音楽:クリストフ・ジュリアン 
2020/フランス・ベルギー/フランス語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/112分 原題:DÉLICIEUX 配給:彩プロ

©︎2020 NORD-OUEST FILMS―SND GROUE M6ーFRANCE 3 CINÉMA―AUVERGNE-RHôNE-ALPES CINÉMA―ALTÉMIS PRODUCTIONS

公式サイト https://delicieux.ayapro.ne.jp 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事