クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン・バンドの初代ギタリストであり、今年、没後40年を迎えた永遠のギターヒーロー、ランディ・ローズのドキュメンタリー『ランディ・ローズ』(11月11日公開)のアンドレ・レリス監督が緊急来日することが決定した。あわせてランディの未公開写真が一挙に解禁された。

アンドレ・レリス監督
監督からランディのエピソードを聴ける貴重な機会

1980年代、端正なルックスと華麗なるギタープレイで世界を魅了した天才ギタリスト、ランディ・ローズ。しかし自身のバンド、クワイエット・ライオットでのプロデビューは日本のみ、全米デビューは果たせなかった。その後、オジー・オズボーン・バンドへの抜擢により、転機が訪れる。“闇の帝王”オジーと“天使”のランディ、相反する個性のぶつかり合いは、極上の化学反応を巻き起こす。刺激的でキャッチーなギターリフは時にオジーのヴォーカル以上に耳に記憶され、哀愁を帯びたギターソロは、無駄な音は一音も無い完璧なフレージングで、聴く者の心を鷲掴みにし、一気にギターヒーローとなった。しかし、人気絶頂期の全米ツアー中に起きた、突然の悲劇…。本作は、一人のギター少年がロックスターへと昇華する瞬間、そして悲劇的な最期までを克明に捉えた、全音楽ファン必見のドキュメンタリー。

このたび解禁された未公開写真は8点。ランディの幼なじみでもあり、ランディが初めて結成したバンド”クワイエット・ライオット”の初代ベース担当のケリー・ガルニとの貴重な2ショットや、クワイエット・ライオットでのライブ中にボーカルのケヴィン・ダブロウとセッションする様子、バンドメンバーの頭上に自分のギターを載せて楽しそうにはしゃぐ、いたずら好きだったランディの新たな一面を覗くことができる。

また、本作の監督、アンドレ・レリス監督の緊急来日が決定。公開初日の11月11日(金)には新宿シネマカリテにて舞台挨拶に登壇予定。舞台挨拶付きの上映チケットは11月1日(火)正午より販売。監督からランディのエピソードを聴ける貴重な機会となる。概要は以下の通り。

『ランディ・ローズ』初日舞台挨拶 概要

■日程:11月11日(金) 18時30分の回、上映前
■場所:新宿シネマカリテ
■登壇予定:アンドレ・レリス監督、荒金良介(音楽ライター)※登壇者は予告なく変更となる場合があります。ご了承ください。
■料金:通常料金/全席指定
※全国共通特別鑑賞券(前売券)、ムビチケ使用不可
※無料鑑賞券(招待券)は使用不可
※特別興行につき、株主優待券(証)株主優待割引はご使用になれません。
◆チケット発売
【オンライン】 11月1日(火)正午より販売致します。
オンライン予約URL https://www1.musashino-ticket.jp/qualite/schedule/index.php
【劇場窓口販売】残席がある場合、11月9日(水)劇場オープン時より、劇場窓口でも販売致します。※オンライン販売で完売になった場合は、窓口販売・引換はございませんのでご注意下さい。

作品情報

ランディ・ローズ
2022年11月11日(金)より、新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー

ランディ・ローズ、オジー・オズボーン、エディ・ヴァン・ヘイレン、ルディ・サーゾ、フランキー・バネリ、ジョージ・リンチ、ゲイリー・ムーア、ダグ・アルドリッチ、ジョエル・ホークストラ、ブルース・キューリック、ドゥイージル・ザッパ/ナレーション:トレイシー・ガンズ 
監督:アンドレ・レリス 脚本・編集:マイケル・ブルーイニン

2022年/アメリカ/英語/カラー/シネスコ/5.1c/92分/原題:RANDY RHOADS:Reflections of A Guitar Icon/字幕監修:上田慎也(ヤング・ギター) 提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム

©RANDY RHOADS: LEGEND, LLC 2022

公式サイト https://randy-rhoads.jp/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事