韓国映画界のトップスターであるソン・ガンホとイ・ビョンホンが豪華共演を果たした『非常宣言』(2023年1月6日公開)の予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

「すごいことを起こす、飛行機テロだ」

『パラサイト 半地下の家族』、 『ベイビー・ブローカー』など数々の大ヒット映画に出演し、第75回カンヌ映画祭で韓国人初となる主演男優賞を獲得するなど世界的な評価を受けるソン・ガンホ。『G.I.ジョー』シリーズ、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』など、ハリウッド映画にも進出し、近年では『イカゲーム』のカメオ出演で話題となった韓国を代表するトップスターのイ・ビョンホン。本作はそんな韓国映画界を牽引する大物俳優のふたりが地上と上空でそれぞれ愛する人のために奮闘する姿を描いた航空パニック・ムービー。高度 28,000 フィート上空でばら撒かれた謎のウイルス。混乱の渦に包まれた KI501 便が迎える運命とは──?

今回解禁された予告映像は、離陸直前の 1 台の航空機内を映し出したシーンから始まる。楽園ハワイに向けて飛び立ったはずの KI501 便──しかし、それは高度 28,000 フィート上空で待ち構える“地獄”へのフライトだった…。

30秒予告編

「すごいことを起こす、飛行機テロだ」という犯人(イム・シワン)による犯行予告を皮切りに次々と犠牲者が続出する機内。そこに乗り合わせていたのは、娘の治療のためハワイへと向かったパク・ジェヒョク(イ・ビョンホン)だった。

一方、飛行機へのバイオテロの犯行予告動画がアップされ、捜査を開始するク・イノ刑事(ソン・ガンホ)。しかし、テロの標的になったその便は妻が搭乗した便だったのだ。バイオテロが起きた航空機は着陸を認められず、逃げ場のない上空ではさらに感染が拡大していき、ついに機体は操縦不能! 地上へ急降下…。感染するか、はたまた墜落するか──果たして乗客たちの選択とは? そして、その選択によって迎える運命とは一体!?

同時に解禁されたポスタービジュアルでは、重々しい背景の中“上空”の KI501便が描かれると同時に、多くの警察車両が集まり、“地上”での混乱の様子も描かれている。また、ソン・ガンホやイ・ビョンホンをはじめとするキャストたちの表情も窺うことが出来る。

『非常宣言』は2023年1⽉6⽇(⾦) 全国公開。

作品情報

非常宣言
2023年1⽉6⽇(⾦) 全国公開

STORY
娘とハワイへ向かう飛行機恐怖症のパク・ジェヒョク(イ・ビョンホン)は、空港で執拗にふたりにつきまとう謎の若い男(イム・シワン)が、同じ便に搭乗したことを知り不安がよぎる。KI501 便はハワイに向け飛び立つが、離陸後間もなくして、1 人の乗客男性が死亡。直後に、次々と乗客が原因不明で死亡し、機内は恐怖とパニックの渦に包まれていく。一方、地上では、妻とのハワイ旅行をキャンセルしたベテラン刑事のク・イノ (ソン・ガンホ)が警察署にいた。飛行機へのバイオテロの犯行予告動画がアップされ、捜査を開始するが、その飛行機は妻が搭乗した便だったことを知る。また、テロの知らせを受けたキム・スッキ国土交通省大臣(チョン・ドヨン)は、緊急着陸のために国内外に交渉を開始する。ヒョンス副機長(キム・ナムギル)は、乗客の命を守るため奮闘するが、飛行を続けるタイムリミットが迫り、「非常宣言」を発動。しかし、機体はついに操縦不能となり、地上へと急降下していく。見えないウイルスによる恐怖と、墜落の恐怖。高度28,000 フィート上空の愛する人を救う方法はあるのか—?!

監督:ハン・ジェリム
出演:ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ナムギル、イム・シワン、キム・ソジン、パク・ヘジュン
2022/韓国/141分/スコープサイズ/5.1ch/字幕翻訳:根本理恵/原題:비상선언/配給:クロックワークス/G

© 2022 showbox and MAGNUM9 ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト klockworx-asia.com/hijyosengen

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事