伝説的音楽グループ「ビー・ジーズ」の感動ドキュメンタリー映画『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』がいよいよ本日11月25日(金)より全国順次ロードショー。このたび、ビー・ジーズ復活のきっかけとなったファルセットボイス誕生の秘密に迫る特別映像が解禁された。

©︎ Liz Patterson
エリック・クラプトン「きっかけが僕だったなら人生最大級の偉業になるだろうね」

ビー・ジーズは英国出身のバリーと双子の弟ロビンとモーリスのギブ3兄弟によるグループ。少年時代から音楽活動し、半世紀を超えるキャリアを誇る。全世界でのレコードセールスは2億枚以上、全英・米No.1ヒットが20曲、トップ10ヒットが70曲。タイトで透明感のあるスリー・パート・ ハーモニーもトレードマークだ。日本でも映画『小さな恋のメロディ』(1971)や『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977)のサウンドトラックでその存在を知ったファンも多い。これは時代とジャンルを超越して“人生のサウンドトラック”ともいえる名曲の数々を生み出し続けたビー・ジーズの3兄弟を描いた感動の音楽ドキュメンタリーだ。

このたび解禁された映像は、サウンド・エンジニアのカール・リチャードソンの「ギブ兄弟の新しい代名詞になった。ファルセットといえばビー・ジーズだ」というコメントで始まる。ステージで歌うバリー、ロビン、モーリスが見事なファルセットボイスで歌っているのは「ファニー」 、1975年にリリースされたアルバム「メイン・コース」に収められた“愛で優しく包み込んで”と歌うラブソングだ。

続いてモーリス・ギブが登場し、ビー・ジーズのタイトで透明感のあるスリー・パート・ ハーモニーとファルセットボイスについて語ります。「例えば…バリーとロビンの歌声が1つの声に聞こえる。実際は2人の声だ」と、バリーとロビンの声のハーモニーが絶妙に重なり合っていることを指摘している。

また、ミュージシャンで音楽教授でもあるミカエル・ライリーは、「繊細な唱法だ。歌詞も変化した。恋人に言いたくても言えなかったこと…それを歌ってくれている彼らだけの魅力だった」と、歌詩にも大きな変化があり、リスナーから大きな共感を得たと分析。

バリー・ギブは、全米No.1に輝いた代表曲「ジャイヴ・トーキン」が収められた名盤「メイン・コース」は転換点だったという。ビー・ジーズ3兄弟が生み出した曲を、「ドラマーのデニス・ブライオン、キーボードのデレク・ブルー・ウィーバー、ギタリストのアラン・ケンドールがそろいバンドになったのだ。彼らの適応力は才能だ」と絶賛すると、新たなバンドメンバーとなった3人がゴールドディスクを手にした姿がインサートされる。

「ファニー」 を歌うビー・ジーズの映像に、音楽活動拠点をマイアミに移すきっかけを作ったエリック・クラプトンの言葉が重なる。クラプトンは「新境地のグルーヴにはとても深みがあった。きっかけが僕だったなら人生最大級の偉業になるだろうね。僕の功績だ」とジョークを交えてコメントを寄せている。

1967年に帰英するや大ブレイク、1975年にR&Bをベースとした自分たちの音楽を追求したビー・ジーズ。新たなバンド・メンバーを迎えたアルバム「メイン・コース」によって、ビー・ジーズはスリー・パート・ハーモニーとファルセットボイスで歌うスタイルを確立、その後ショウビズ界で快進撃を続ける。しかし、世界的な名声を得た反動として理不尽なバッシングを受けることに。それでも彼らは代表曲「ステイン・アライヴ」に歌われるように「生き抜く」ことを選択し、兄弟と共に時代と立ち向かい、多くの人々の心に残る楽曲を作る。

倒れても何度でも立ち上がり、名曲の数々を生み出し続けたビー・ジーズの3兄弟を描いた感動の音楽ドキュメンタリー『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』は11月25日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他にて公開。

作品情報

ビー・ジーズ 栄光の軌跡
2022年11月25日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他にて公開

監督:フランク・マーシャル
製作:ナイジェル・シンクレア、ジーン・エルファント・フェスタ 脚本:マーク・モンロー
出演:バリー・ギブ、ロビン・ギブ、モーリス・ギブ、アンディ・ギブ、エリック・クラプトン、ノエル・ギャラガー(オアシス)、ニック・ジョナス(ジョナス・ブラザーズ)、マーク・ロンソン、クリス・マーティン(コールド・プレイ)、ジャスティン・ティンバーレイク、ピーター・ブラウン、ヴィンス・メルーニー、ミカエル・ライリー、ルル、アラン・ケンダル、イヴォンヌ・ギブ、ビル・オークス、デニス・バイロン、ブルー・ウィーバーほか
2020年/アメリカ/英語/カラー/111分/原題:The Bee Gees: How Can You Mend a Broken Heart/日本語字幕:大渕誉哉/字幕監修:吉田美奈子
配給:STAR CHANNEL MOVIES

© 2020 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved.

公式サイト thebeegees-movie.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事