若き日のデヴィッド・ボウイを描いた“ジギー・スターダスト”誕生の物語『スターダスト』の本編映像が解禁された。若き日のデヴィッド・ボウイが初のアメリカツアーに臨む前のマネージャーやメンバーとの会話が切り取られている。『スターダスト』は10月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開。

「このアルバムは名盤だと称えられるだろう。後世でな」

映画『スターダスト』はデヴィッド・ボウイのアルバム『ジギー・スターダスト』(1972)を発表する前年、若き日のデヴィッド・ボウイを描いた作品。のちにデヴィッド・ボウイの最も有名な別人格“ジギー・スターダスト”を生み出すきっかけとなった瞬間の舞台裏、 キャリアのターニングポイント、それに関わった人たち、そして彼の内面を描く。

今回解禁された映像では、アルバム「世界を売った男」が完成し、イギリスのみならずアメリカでのヒット間違いなしと期待に胸を膨らませるデヴィッドや最初の妻であるアンジー、ミック・ロンソンたちの姿を捉えている。

今後の展望を相談しに事務所に訪れた彼らに対し、マネージャーは「このアルバムは名盤だと称えられるだろう。後世でな」と告げる。

その言葉を「未来のリスナーが独創的だと評価する」と前向きに捉えたデヴィッド・ボウイは、「ツアーをしなきゃな、全米を沸かす」と意気込むが、アメリカのマーキュリーレコードと交渉したというマネージャーによれば、彼らはこのアルバムを「挑戦的だ」と評したという。その評を喜ぶボウイたちだったが、マネージャーは「(その言葉には)悪い意味もある」とアメリカで彼らの音楽が全く受け入れられなかった事実を突きつける。この後彼らをどんな展開が待ち受けているのか続きが気になる映像だ。

世界的大スターになる前の“デヴィッド・ボウイ” の姿を描いた本作の監督ガブリエル・レンジは、ボウイ役にジョニー・フリンを選んだ理由として「迷走中の駆け出しアーティストの気持ちを理解できる俳優を優先的に探していた」と明かしている。

そして、自身もミュージシャンとして活躍しているジョニー・フリンは「本作で描いているボウイはまだ駆け出しで自分の声を探している最中だ。私もミュージシャンとして実際にツアーをしたり、ステージで演奏をした経験はある。バンドを結成する大変さを知っているから、私が演じることである意味効果があったと思う」と自身と共通する部分を振り返る。

また、「新しい曲や、アルバム、新しい音を持ってステージに立つ怖さを知っている。 作中で使われている幾つかの曲は、撮影前にレコーディングすることができた。ボウイとしてスタジオでレコーディングできたのは、いい準備運動になった」と本作への楽曲提供も行っているからこその貴重な体験も語っている。

作品情報

スターダスト
2021年10月8日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ ほか全国公開

監督:ガブリエル・レンジ
プロデューサー:ポール・ヴァン・カーター, ニック・タウシグ, マット・コード
脚本:クリストファー・ベル, ガブリエル・レンジ
CAST:ジョニー・フリン/ジェナ・マローン/デレク・モラン/アーロン・プール/マーク・マロン
2020年|イギリス/カナダ|109分|原題:STARDUST|PG12

提供:カルチュア・パブリッシャーズ/リージェンツ
配給:リージェンツ

©COPYRIGHT 2019 SALON BOWIE LIMITED, WILD WONDERLAND FILMS LLC

HP:DAVIDBEFOREBOWIE.COM

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事