独自の画風を確立したコロンビアの巨匠、フェルナンド・ボテロの波乱万丈な人生と多幸感あふれる創作の秘密に迫るドキュメンタリー『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』がいよいよ明日4月29日(金・祝)よりBunkamuraル・シネマほかにて全国順次ロードショー。このたび、世界で最も有名な芸術家となったフェルナンド・ボテロ本人が、有名になったきっかけを語る貴重なシーンの本編映像が解禁された。

ボテロ「私が留守だったら人生は変わってたね」

世界で最も有名な存命の芸術家、フェルナンド・ボテロ。人間も静物もなぜだかみんなふっくら、ぷっくりと膨らみ、素朴でユーモアあふれる作風が愛される巨匠。90歳のマエストロは現在も毎朝アトリエに通い、多幸感あふれる独創的な作品を生み出し続けている。本作では、幼い頃に父を失った貧しい少年が、闘牛士学校に通いながらスケッチ画を描いていた原点から、対象物をぽってりと誇張する“ボテリズム”に目覚め、『モナ・リザ、12歳』のMoMA展示で一躍注目を浴びアート界の頂点へとたどり着いた軌跡を追いかける。一方でコロンビア出身という出自で差別され、ポップアートや抽象表現主義全盛期に具象画を描く頑なさを批判されたことも。愛息の死、自身の利き手の一部を失う悲劇など、精神的にも肉体的にも作家生命が危ぶまれた衝撃の過去が明かされる――。

このたび解禁された本編映像は、ボテロを発掘した著名なキュレーター、ドロシー・ミラーとボテロとの出会いの場面について、ボテロ本人が語っている貴重なシーン。

規範や流行りにはこだわらずに、才能のある若い芸術家を発掘していた若い女性キュレーターのドロシー・ミラーが、ボテロの隣に住んでいた芸術家を訪ねた時に「隣の芸術家も見ていった方がいい」と言われ、ボテロの部屋を訪れたことがボテロが有名になるきっかけになったという。

ボテロが「私の『モナ・リザ』を観て、彼女は言った。“これこそモダンアートよ”」と語ると、ボテロの子供たちが「もしその時、父さんが留守だったら? これは奇跡だ」と興奮しながら質問。ボテロは「私が留守だったら人生は変わってたね」と当時を振り返っている。

コロンビア出身の無名な一人の芸術家が、どのようにして世界一有名な画家へとなり得たのか。その激動の人生をたどる物語の続きは劇場で確かめてみよう。

『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』は4月29日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。

作品情報

フェルナンド・ボテロ 豊満な人生
2022年4月29日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー

監督:ドン・ミラー |2018 年|カナダ|英語・スペイン語|ビスタ|デジタル5.1|82分|原題:BOTERO
提供:ニューセレクト

配給:アルバトロス・フィルム

© 2018 by Botero the Legacy Inc. All Rights Reserved

公式サイト botero-movie.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事