フランス版『シティーハンター』のチームが再結集した新作アクション・コメディ『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』が7月15日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋ほかにて全国ロードショー。この度、監督・脚本・主演を務めたフィリップ・ラショーが、本作のアイディアが元々『ジェイソン・ボーン』シリーズのパロディから生まれたことを明かした。

「スーパーヒーローのテーマは後から思いついたものなんだよ」

日本の大人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化し、日本・フランスで見事大ヒットを記録した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』のチームが再び集結した本作は、ハリウッドのアメコミヒーロー作品をリスペクトし、数々の名場面に笑いを加えた一大エンタメ作品。コロナ禍のフランスで公開され、人々に勇気と笑顔を届け見事にNo.1大ヒットを記録した。

監督・主演を務めたのは『シティーハンター』同様フィリップ・ラショー。これまで手掛けてきた作品でも、スタントや、見事な実写の仕掛け、洗練された視覚効果を使った壮大なギャグなど、スペクタクルな演出で観客を魅了してきた仏コメディの鬼才だ。

本作のコンセプトについて、ラショーは「もともとは、映画の撮影中に記憶を失う俳優というアイデアで、『ジェイソン・ボーン』シリーズのパロディをやりたかったんだ。スーパーヒーローのテーマは後から思いついたものなんだよ」と明かす。

そして「スパイ映画を撮影中の俳優が、車のスタントシーンで事故に遭う。意識を失ってショック状態になり、もはや、自分が何者かわからなくなってしまう。トランクを開けると、血痕、ガジェット、偽パスポート、銃を見つけて、自分は本物の秘密工作員だと思い込むんだ。でも、スパイ・サスペンスのダークな一面や暗殺者としての一面は僕たちにとって重すぎるものになったから、スーパーヒーローの世界のもっと前向きな雰囲気に切り替えることにしたんだ」と、新たなコンセプトが生まれた経緯を語った。

また「脚本の執筆は魔法の杖を使うようなものだよ。書いたことが全部本当のことになる! 作り物の正義の味方ヒーローであるバッドマンの撮影は素晴らしい体験だったよ。大の大人がスーパーヒーローごっこをしている幼い子供のように楽しんでね。たとえそれがパロディでも!『キック・アス』と似た経緯で、セドリックというキャラクターは夢を実現させることで、現実においてヒーローになるんだ」と撮影を振り返っている。

全仏を大熱狂の渦に巻き込んだ『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』は、7月15日(金)より全国公開。

作品情報

バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー
2022年7月15日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国ロードショー

STORY
警察署長の父親の反対を押し切り、役者として夢を追い続けているセドリック。実は心が折れかけていたその時、新作映画「バッドマン」の主役に抜擢される。そう、「バットマン」ではなく「バッドマン」だ。“バッドモービル”に乗り、宿敵“ピエロ”と戦うヒーロー映画。このチャンスを逃してはならないと、セドリックは体を鍛え上げ、武術を学び撮影に挑む。戸惑いながらも撮影初日が順調に終わろうとする中、妹から父親が倒れたという知らせが入る。焦ったセドリックは、バッドスーツのままバッドモービルに乗り病院へと急ぐが、その途中で事故に遭い気絶してしまう。そして目を覚ますと、自分の名前や過去の記憶を失っていた―。

出演:フィリップ・ラショー、ジュリアン・アルッティ、タレク・ブダリ、エロディ・フォンタン、アリス・デュフォア、ジャン=ユーグ・アングラード『ベティブルー 愛と激情の日々』、アムール・ワケド『ワンダーウーマン1984』
監督:フィリップ・ラショー/脚本:フィリップ・ラショー、ピエール・ラショー、ジュリアン・アルッティ、ピエール・デュダン/撮影:ヴァンサン・リシャール/音楽:マキシム・デプレ、ミカエル・トルディマン/製作:フィリップ・ラショー、ジュリアン・デリス、デヴィッド・ゴーキェ
2021年/フランス・ベルギー映画/フランス語/83分/シネスコ/5.1ch/字幕:井村千瑞/映倫G
原題:Superwho?/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

©CINÉFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION

公式サイト badman-hero.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事