ブラッド・ピット主演最新作『ブレット・トレイン』(9月1日公開)の全世界で公開される本編の挿⼊歌に、アヴちゃん(⼥王蜂)と奥⽥⺠⽣の楽曲が起⽤されていることが発表され、⼆⼈からのコメントが到着した。

「⾃分のなかでの普段は使わない歌声を使うことが出来、とてもたのしいレコーディングとなりました」

『ブレット・トレイン』は伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」を、主演ブラッド・ピット、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督がハリウッド映画化したアクション超大作。「東京発・京都行」の超高速列車に乗り込んだ、世界で最も運の悪い殺し屋レディバグ(ブラッド・ピット)の人生最悪な120分間を描く。

本作の予告編がはじめて全世界で公開された段階から話題になっていたのが楽曲「Stayin' Alive」(ステイン・アライヴ)。その楽曲を伸びやかな⾼⾳で歌い上げるのがバンド⼥王蜂のアヴちゃんであることが判明した。映画『サタデー・ナイト・フィーバー』でのビージーズの曲としてあまりにも有名なこの歌への⼤抜擢にあたりアヴちゃんは、「ハリウッド作品での歌唱、オーディションオファーが来ていると聞いたときには・・・驚きました。久々のオーディション参加でしたので、初⼼、緊張感を持って挑んだことを覚えています」と話す。

そして「⾃分のなかでの普段は使わない歌声を使うことが出来、とてもたのしいレコーディングとなりました」と振り返っている。

さらに、劇中の重要なアクションシーンで流れるのが楽曲「Kill Me Pretty」(キル・ミー・プリティ)。レアなハイトーンボイスで英語で歌い上げた奥⽥⺠⽣のオリジナル楽曲だ。奥⽥は「どっからこういう話になったのかよく分からないですけれども、英語の曲ですし、なかなか映画の挿⼊歌でっていうのも珍しい仕事だったなと思いますけど。まあ⼀番は英語だというところで、ちゃんと伝わってんのかな?というのもありますし。結構激しめの曲で、キーも⾼いし、そこもなかなかハードルも⾼かったなと思います」と、ハリウッド映画の挿⼊曲への初挑戦を語っている。

二人のコメント全文は以下にて。

『ブレット・トレイン』は9月1日(木)全国の映画館で公開。

アヴちゃん コメント全⽂

——お話を頂いた時の感想
ハリウッド作品での歌唱、オーディションオファーが来ていると聞いたときには・・・驚きました。久々のオーディション参加でしたので、初⼼、緊張感を持って挑んだことを覚えています。

——“Stayin' Alive”について
⾃分のなかでの普段は使わない歌声を使うことが出来、とてもたのしいレコーディングとなりました。オファーを頂く前からもちろん知っていた曲でしたが、歌ってみると、とてもたのしくフィットしたように感じています。

——映画を楽しみにしているお客様へ
⽇本が舞台の⼤変なハリウッド作品に携わりました。今回お呼び頂けたことを、⼼より光栄に思っています。今秋、是⾮劇場で体感して頂けますよう︕

奥⽥⺠⽣ コメント全⽂

奥⽥⺠⽣です。この度、9⽉1⽇に公開されます、ブラッド・ピットさん主演の映画『ブレット・トレイン』の中でですね、曲を歌うことになっておりまして。「Kill Me Pretty」という曲をですね、歌わせて頂いております。どっからこういう話になったのかよく分からないですけれども、英語の曲ですし、なかなか映画の挿⼊歌でっていうのも珍しい仕事だったなと思いますけど。まあ⼀番は英語だというところで、ちゃんと伝わってんのかな?というのもありますし。結構激しめの曲で、キーも⾼いし、そこもなかなかハードルも⾼かったなと思います。タイミング的にはどうやら途中で、割となんか激しいところでかかるみたいです。僕も公開になったら観ようと思いますけど。予告みたいなのを観ただけでも、アクションも凄くて⾯⽩そうだと思いましたので、皆さんもぜひスクリーンで楽しんで頂ければなと思っております!はい、ひとつ、よろしくお願いいたします。奥⽥⺠⽣でした。

作品情報

ブレット・トレイン
2022年9月1日(木)全国の映画館で公開

原題: BULLET TRAIN

US公開日:8月5日予定
原作:伊坂幸太郎「マリアビートル」(角川文庫刊)
監督:デヴィッド・リーチ
脚本:ザック・オルケウィッツ
キャスト:ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン、バッド・バニー(ベニート・A・マルティネス・オカシオ)、サンドラ・ブロック

公式サイト https://www.bullettrain-movie.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事