『ジョン・ウィック』のスタッフが仕掛けるリベンジ・アクション『ザ・コントラクター』(10月7日公開)のメイキング映像が解禁された。ドイツ・ベルリンの市街地で撮影された、クリス・パイン演じる元最強特殊部隊の請負人(コントラクター)が銃撃戦を繰り広げるシーンの裏側が収められている。またクリス・パインのコメントも到着した。

「撮影をしていない期間でも 1週間に5日はトレーニングをするようにしていました」

本作は『ジョン・ウィック』シリーズの仕掛け人として賞賛を浴びたエリカ・リー、ベイジル・イヴァニクがプロデュースを務め、TV シリーズ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」「ウエストワールド」でキャリアを積んだ新鋭タリク・サレー監督と豪華キャストが贈る、陰謀と復讐の物語。J・J・エイブラムス版『スター・トレック』シリーズなどのクリス・パインが主演を務め、アカデミー賞ノミネート作『最後の追跡』でもクリスと共演したベン・フォスターや、「24 -TWENTY FOUR」シリーズのキーファー・サザーランド、曲者役の多い名バイ・プレイヤーのエディ・マーサンなど名優たちが脇を固める。

軍事任務での負傷により特殊部隊から強制的に除隊させられたジェームス(クリス・パイン)。家族を養う為に彼が職を求め行き着いた先は、退役軍人で構成された凄腕の民間軍事組織とその屈強なリーダー、ラスティ(キーファー・サザーランド)だった。ラスティの命により、テロ組織が隠し持つ凶悪な生物兵器の奪取に挑むジェームス。かつての戦友であるマイク(ベン・フォスター)と精鋭チームを組んでアメリカからベルリンに飛び立った一行だが、任務が無事終了する間際、何者かの罠にはまって弾雨を浴びたチームは壊滅状態に陥ってしまう。

今回到着した動画は、ドイツ・ベルリンで撮影された市街地銃撃戦シーンのメイキング映像。「アクション!」という掛け声と共に、拳銃を構えながらクリス・パインが走る姿が映し出されており、複数人の敵から狙われている事が一目で分かる。その光景を捉えようとするカメラを持った大勢のスタッフたちの姿や、撮影後に談笑するクリス・パインの姿も確認出来る。

ドイツ・ベルリンの市街地での銃撃シーンについて、実際に演じ体現したクリス・パインは「ベルリンでの撮影は猛烈なスピードで進行しました。撮影現場にはたしか 5 人しかいなかったと思いますが、地下鉄に飛び乗ったり、ベルリンの街中で撮影したりと、それはもう大変でした」と苦労話を語る。

続けて「撮影をしていない期間でも 1週間に5日はトレーニングをするようにしていました」と、ダイナミックなアクションシーンをこなすために、自ら過酷な訓練を課していたと明かしている。

『ザ・コントラクター』は10月7日(金)新宿バルト9他、全国公開。

作品情報

ザ・コントラクター
2022年10月7日(金)新宿バルト9他、全国公開

STORY
軍事任務での負傷により特殊部隊から強制的に除隊させられたジェームス(クリス・パイン)。家族を養う為に彼が職を求めて行き着いた先は、退役軍人で構成された凄腕の民間軍事組織とその屈強なリーダー ラスティ(キーファー・サザーランド)だった。ラスティの命により、テロ組織が隠し持つ凶悪な生物兵器の奪取に挑むジェームス。かつての戦友であるマイク(ベン・フォスター)と精鋭チームを組んでアメリカからベルリンに飛び立った一行だが、任務が無事終了する間際、何者かの罠にはまって弾雨を浴びたチームは壊滅状態に陥ってしまう。一体だれが裏切ったのか? その真の目的は何なのか?ベルリンに取り残され追われる身となったジェームスは、全てを明らかにして家族の元に帰るため、たった独り熾烈な戦いに身を投じていく。

【CAST & STAFF】
出演:クリス・パイン、ベン・フォスター、エディ・マーサン、キーファー・サザーランド ほか
監督:タリク・サレー/脚本:J・P・デイヴィス/製作:エリカ・リー、ベイジル・イヴァニク
2022年/アメリカ/英語/シネスコ/5.1ch/104分

MOTION PICTURE ARTWORK © 2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事