『あの日、兄貴が灯した光』のクォン・スギョン監督、『完璧な他人』『エクストリーム・ジョブ』のぺ・セヨン脚本による『ステラ SEOUL MISSION』(11月11日公開)の新場面写真、著名人コメント&イラストが解禁された。

「何となくほっこりした気持ちになれる映画です」土屋圭市(レーシングドライバー)

韓国で1980年代に一世を風靡したヒョンデ(旧ヒュンダイ表記)の車、“ステラ”がタイトルの本作は社長に任されたスーパーカーを親友に持ち逃げされ、87年製の“ステラ”で親友を追う人生崖っぷち主人公を描く暴走アクション・コメディ。主演を務めるのはソン・ホジュン、ヨンベを窮地に陥れる親友ドンシクをイ・ギュヒョン、ヨンベを追う社長をホ・ソンテが演じる。

このたび、主人公ヨンベとステラの新場面写真が一挙解禁。ボスの追撃を交わしながら、最高速度50km/hで親友ドンシクを追うステラとの旅。大袋からはみ出る量のトウモロコシを抱え、屋台の店主と交渉しようとするヨンベの姿、妹のヨンミ(キム・スルギ)を助手席、気の置けない同僚のチョルグ(コ・ギュピョル)とドンシクを後部座席にステラを運転する姿や、何があったのかおじいさんと2人、青空の下ステラの前で遠い目をする姿、そしてなぜかジャージ姿に険しい表情でステラのそばに座り込むヨンベを捉えた一枚も。1人と1台、その旅路の紆余曲折、そして終着点は意外な方向へ!?

そんな本作に魅せられた各界著名人からのコメント&イラストが到着。レーシングドライバーの土屋圭市、元SKE48で現在はタレントやラリーコドライバーとしても活動する梅本まどか、車連載を持つ芸人の井川修司(イワイガワ)、ライターの加藤よしき、韓流エンタメライターの桑畑優香らのコメントと、車中泊イラストレーターの井上いちろうからのコミカルで愛らしい、劇中の一編を捉えたイラストが到着した。コメント全文・一覧は以下にて。

『ステラ SEOUL MISSION』は11月11日(金)よりシネマート新宿他にて全国ロードショー。

著名人コメント

カーチェイスにハラハラしたり、ソン・ホジュンの破天荒なダメ男ぶりにくすっとしたり…と思ったら、最後はタイトルロールのステラさん(あえて「さん」付け)に心をまるごともっていかれて、涙。見終えた後に、故郷の親に電話したくなりました。
桑畑優香(韓国エンタメライター)

韓国発ドタバタ悲喜こもごもクライムカーアクションコメディ!
父の遺したボロ車で彼が最後に見つけたモノとは?
主演ソン・ホジュンの顔芸とも呼べる表情の豊かさ!父と子、家族、車と人の絆を感じさせる笑い泣き娯楽作品!
井川修司(イワイガワ)(お笑い芸人)

今まさに殺されそうだけど、それはさておき、のんびり行こうよ――
父が残したポンコツ車と崖っぷちの男の「ふたり旅」は、ゆるいけれども暖かい。
これはすでに世を去った父と、今まさに世間の荒波に飲まれている子が織りなす、車と人のロードムービーです。
やさしい気持ちになれる1本ですよ。
加藤よしき(ライター)

スーパーカーのかっこよさと対称にステラの可愛さにキュンとしました。
クスッと笑うポイントが多かったのですが、主人公ヨンベと父の想いなどクルマを通して知る家族愛にグッときました。
ステラのボロいけど頼もしくもある所に引き込まれました。
梅本まどか(タレント)

ほんわかした、優しさあり、笑いあり。あの人の思いが旧車ステラを動かしてしまう⁈
何となくほっこりした気持ちになれる映画です。
土屋圭市(レーシングドライバー)

作品情報

ステラ SEOUL MISSION
2022年11月11日(金)よりシネマート新宿他にて全国ロードショー

STORY
取り立てには労を惜しまない、自動車金融業界のエース、ヨンベ。 ある日、ボスであるソ社長に任されたスーパーカーが、親友のドンシクの運転により消え去ってしまう。スーパーカーを奪った犯人だと疑われ、ソ社長たちに追われ始めるヨンベ。頼れる人も逃げ場所もない彼の前に現れたのは、父が遺した1987年型の古びた自動車“ステラ”だった。最高時速50㎞、残された時間は3時間―。唯一の希望の星ステラと共に、スーパーカーを必ず見つけ出す!

監督:クォン・スギョン『あの日、兄貴が灯した光』 脚本:ペ・セヨン『エクストリーム・ジョブ』 
出演:ソン・ホジュン「応答せよ1994」、イ・ギュヒョン「刑務所のルールブック」、ホ・ソンテ「イカゲーム」
2022/韓国/韓国語/カラー/98分 映倫:G 原題:스텔라 英題:Stellar: A Magical Ride 配給ファインフィルムズ

©2022 Daydream Entertainment & CJ ENM All Rights Reserved.

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事