ホロコーストに加担したノルウェー最大の罪を描いた衝撃の実話『ホロコーストの罪人』が8月27日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。いよいよ公開を来週に控え、作家、医師、俳優、学者といったさまざまな分野の著名人から絶賛のコメントが到着した。

「被害者が、加害者となる——それが正当化されてしまう戦争という名の不条理」

本作は、ホロコーストにノルウェー警察・市民らが加担していたノルウェー最大の罪を描いた知られざる衝撃の実話の映画化。ノルウェー系ユダヤ人たちをベルグ収容所に連行して強制労働を監視し、アウシュヴィッツ行きのドナウ号が待つオスロの港に強制移送したのは同じノルウェー人であり、その結果、ドナウ号に乗船したノルウェー系ユダヤ人の多くがアウシュヴィッツでホロコーストの犠牲者となった。

なぜユダヤ人一家、ブラウデ家の幸せは奪われなければならなかったのか…。遠い出来事のように思える歴史的悲劇を、平凡なブラウデ一家を通して描くことで今を生きる人々にも身近な恐ろしさとして訴えかける、感情を大きく揺さぶる壮大なドラマとなっている。

経済小説 『ハゲタカ』シリーズの著者として知られる真山仁は「被害者が、加害者となる――それが正当化されてしまう戦争という名の不条理。」と戦争に向けての怒りをコメント。脳科学者の茂木健一郎は「歴史の重く暗い時間の中で、心を寄せ合って生きた人たちの命のあたたかさが、美しく抑制された画面の中で、希望のともしびのように感じられた。」とし、「忘れないためにも、この作品を心に刻みたい。」と大絶賛。また、フリーアナウンサーの笠井信輔は「ノルウェーのユダヤ人をアウシュヴィッツに送っていたのはノルウェー人だった」という事実に衝撃を受けた様子。

また、医師・作家の鎌田實、ジャーナリストの浜田敬子、女優の萬田久子など、各分野で活躍しているからも絶賛の声が寄せられている。

著名人コメント ※順不同・敬称略

■真山仁(小説家)
被害者が、加害者となる――それが正当化されてしまう戦争という名の不条理。

■森達也(映画作家)
普通の人々がユダヤ人迫害に加担する。目を背けたくなる歴史を凝視し、不都合な自画像をしっかりと映画にする。
自分は加害者なのだと自覚する。観ながら思う。僕が生まれたこの国でこんな映画はできるのか。
いや作らねばならない。だから大嫌いなフレーズを最後に敢えて使う。勇気をもらった。必見だ。

■鎌田實(医師・作家)
普通の市民がノルウェーからアウシュヴィッツへ隣人を送り込んだ悲しい記憶。
隠蔽したい過去は誰にでも、どこの国にもある。
2度と戦争をしないために観ておきたい衝撃的映画!

■浜田敬子(ジャーナリスト)
多様性という言葉をこれほど見た夏はなかっただろう。だからこそ、もう一度考えたいのだ。自分が多様性の本質を理解しているか。
性別や国籍、民族によって差別をしていないか。この映画はそれを深く考えるきっかけになる。

■茂木健一郎(脳科学者)
歴史の重く暗い時間の中で、心を寄せ合って生きた人たちの命のあたたかさが、美しく抑制された画面の中で、希望のともしびのよ
うに感じられた。決して忘れないためにも、この作品を心に刻みたい。

■舛添要一(国際政治学者)
ドイツ本国のみならず、ナチスが占領した国々でもホロコーストの犯罪があった。
この映画が描くノルウェーの例は、人類の蛮行を再認識させる。衝撃の告発映画だ。

■萬田久子(女優)
あり得ない辛さのドン底から 跳ね返ってくる人間の笑顔。
笑い声に生きるという意味とエネルギーを present された。 こんなに苦しく切ない辛さは、絶対に絶対に要らない!!

■笠井信輔(フリーアナウンサー)
ノルウェーのユダヤ人をアウシュヴィッツに送っていたのはノルウェー人だったという衝撃。家族を思いやる愛が“隣人”によって引き裂かれてゆく「ノルウェーの闇」を描く製作者たちの覚悟に心震えずにはいられない。

■古舘寛治(俳優)
負の歴史を今もまだ描き続ける。欧州の社会的成熟はこういう歴史と向き合う態度と明らかに関係している。
教科書では遠い歴史が目の前に現れ、それを体験させられる。俳優と演出の質が高くその体験のリアルに脱帽した。

あわせて読みたい
作品情報

ホロコーストの罪人
2021年8月27日(金)、新宿武蔵野館 ほか全国順次公開

監督:エイリーク・スヴェンソン 脚本:ハラール・ローセンローヴ=エーグ、ラーシュ・ギュドゥメスタッド
製作:マーティン・サンドランド 音楽:ヨハン・セデルクヴィスト
出演:ヤーコブ・オフテブロ、クリスティン・クヤトゥ・ソープ、シルエ・ストルスティン、ピーヤ・ハルヴォルセン、ミカリス・コウトソグイアナキス、カール・マルティン・エッゲスボ

2020 年/126 分/カラー/ビスタ/5.1ch ノルウェー語・ドイツ語/ノルウェー/日本語字幕:高橋澄 PG-12

原題:Den største forbrytelsen 英題:Betrayed 後援:ノルウェー大使館

配給:STAR CHANNEL MOVIES

©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト:https://holocaust-zainin.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事