夢枕獏(作)× 谷口ジロー(画)の傑作漫画をアニメ映画化した『神々の山嶺』の舞台挨拶付き公開前夜祭が7月7日(木)に行われ、原作者の夢枕獏と、フランスから緊急来日を果たした本作プロデューサーのジャン=シャルル・オストレロが登壇した。

「原作を書いていた何十年も前は、こんなこと想像もしてなかったですね」

満席の会場で、盛大な拍手の中迎えられた二人。まず映画の大元の小説の原作者・夢枕獏から「大変素晴らしい出来で、特に1980年代日本の風景がすごくよく出来ている。この依頼を受けた時は、日本の原作を海外で映画化する時は、主人公のひとりをその国の人間にしていいか?とよく言われるのですが、今回は一切そういうことがなくて、原作通り日本人が主人公で、日本の映画をフランスで作ったと感じるほどの作品です。今アニメーションというとファンタジーとかファイトなどが主流で、僕も好きでよく見るんですけれども、 この映画を見終わったときに、こういうものをアニメーションにしても充分面白いんだっていうことを、この映画で教わりました。そして、本当に、 今ここに立っていてやっぱり思うのは、これを漫画化してくれた谷口ジローさんのことなんですよね。谷口さんが漫画化してくださらなければ、もう絶対にこの映画はフランスで作られなかったと思うんですね 。谷口さんの人気はフランスではすごくて。そういう流れがあって初めてこのアニメーションは完成したんだと思っています。 谷口さんにぜひこの場にいて欲しかったと、本当に思います」と、本作の感想と谷口ジローへの想いを語った。

続けて本作のプロデューサー、オストレロは「本日は日本の公開前夜祭に参加でき、非常に光栄です。この作品は夢枕獏さんの原作として、まず日本で生まれ、谷口ジローさんによって漫画化され、そして、今回映画化されました」とここまでの道のりを述べ、フランスのスタジオや関係者、家族への感謝に続き「映画は、フランスにおいてカンヌ国際映画祭で出品され、セザール賞のアニメ部門の最優秀賞受賞しました。日本で生まれた作品でもあるので、今回の公開は映画にとってとても大切なひと時だと感じています」と感慨深い表情。そして監督のパトリック・インバーについて「監督のパトリックは、夢枕さんとジローさんの精神をそのままに、新しい視点を持ち込み、普遍的で素晴らしい作品を作ってくれたことにこの場を借りて心から感謝いたします」と語った。

さらに話は、製作の裏話に。フランスでのアニメーション化を初めて聞いた時、原作者の夢枕獏は、「一瞬信じられませんでした。しかもフランスからそういうお話があって驚きました」とコメント。まさにフランスでのアニメーション化を強く希望したオストレロは、「元々私は山が好きで、登山もするのですが、山に関する本もたくさん読んでいました。谷口ジローさんの原作に出会い、すぐにファンになりました。なんとかしてこの作品を映画化する方法がないかと思い谷口ジローさんへ手紙を送りました。私にとって必ずこの作品は、冒険大作になるだろうと確信を持っていたのですが、長年の夢を、夢枕さん、谷口さん、多くのスタッフの方々のおかげもあり、実現できたことも嬉しく思っています」と製作の秘話と熱い想いを明かした。

『神々の山嶺』

それを受け夢枕は、「原作を書いていた何十年も前は、こんなこと想像もしてなかったですね(笑)」と、改めて心境を感慨深く語った。

イベントの締めくくりにまず、オストレロから「フランスでは、この映画は上映されてからすでに40週目に入っておりますが、まだ映画館で上映されロングヒットを続けています。日本でも是非とも多くの方にご覧いただき、映画が成功することを心から祈っています。是非楽しんでいってください。ありがとうございます」、夢枕からは「改めて言いますが、フランスで作られたアニメーションですが、80年代の居酒屋の風景が、ほぼ完璧に再現されているんです。現代の居酒屋じゃないです! 80年代の居酒屋だけじゃなく、東京の街や風景も。きっちり取材したなと、見ると分かります。本当にそれだけ素晴らしいものになっていますので、ぜひこのアニメーションの新しい扉を開いてくれるんじゃないかなと、僕は期待をしています。本当に今日は来てくれた方々お忙しいところ本当にありがとうございました」と、実現不可能とも言われた本作の素晴らしさを改めて語り、今回、映画化を実現したオストレロに、夢枕がお祝いの花束を贈呈して、前夜祭イベントは締めくくられた。

『神々の山嶺』は本日7月8日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

作品情報

神々の山嶺(いただき)
2022年7月8日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

STORY
「登山家マロリーがエベレスト初登頂を成し遂げたかもしれない」といういまだ未解決の謎。その謎が解明されれば歴史が変わることになる。カメラマンの深町誠はネパールで、何年も前に消息を絶った孤高のクライマー・羽生丈二が、マロリーの遺品と思われるカメラを手に去っていく姿を目撃。深町は、羽生を見つけ出しマロリーの謎を突き止めようと、羽生の人生の軌跡を追い始める。やがて二人の運命は交差し、不可能とされる冬季エベレスト南西壁無酸素単独登頂に挑むこととなる。

監督: パトリック・インバート
原作:「神々の山嶺」作・夢枕獏 画・谷口ジロー(集英社刊)
日本語吹き替えキャスト:堀内賢雄 大塚明夫 逢坂良太 今井麻美
2021年/94分/フランス、ルクセンブルク/仏語/1.85ビスタ/5.1ch/原題:LE SOMMET DES DIEUX /吹替翻訳:光瀬憲子
配給:ロングライド、東京テアトル

© Le Sommet des Dieux - 2021 / Julianne Films / Folivari / Mélusine Productions / France 3 Cinéma / Aura Cinéma

公式サイト longride.jp/kamigami/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事