9月23日(金・祝)より公開中の話題作『LAMB/ラム』が公開から20日目に早くも興収1億円を突破した。この大ヒットを受けて、ファーストの上映館36館を越える40館がセカンドでの上映が決定。すでに累計館数は76館となっている。

宣伝キャラクター“アダちゃん”が渋谷ホワイトシネクイントへ出勤中

本作は、アイスランドの人里離れた田舎で暮らす羊飼いの夫婦が、羊から産まれた“羊ではない何か”を育てていく禁断のネイチャー・スリラー。『ミッドサマー』『ヘレディタリー/継承』などを手掛け、話題作を次々と世に送り出す気鋭の製作・配給会社「A24」が北米配給権を獲得し、カンヌ国際映画祭で上映されるやいなや観客を騒然とさせた衝撃作。公開から20日が経った今もなお、SNS上では「終始不穏」「大人向けの民話のよう」「アダちゃんかわいい」「アイスランドの大自然に圧倒された」といった各人各様の感想が日々投稿され、日本の観客を騒つかせ続けている。

『LAMB/ラム』

新宿ピカデリーほか全国36館でのスタートながら、2週目の週末が前週比76%、3週目の週末が前週比72%と落ちも少ない腰の強い興行を続けている『LAMB/ラム』。公開から20日目の10月12日(水)までに動員71,030名、興収101,826,700円(※3週目の上映館数は39館)と、早くも興行収入1億円を突破した。

そして本作の大ヒットを記念し、現在渋谷ホワイトシネクイントでは宣伝キャラクター“アダちゃん”が新人スタッフとして出勤するコラボレーション企画を実施中。『LAMB/ラム』各上映回の上映開始前、終了後にお客様をお出迎えするためチケットカウンターに配置されている。

本コラボレーション企画を告知した映画公式、並びにホワイトシネクイント公式アカウントのSNS投稿には合計2,000を超えるリアクション(10月13日時点)が付くなど、その衝撃的な映画本編のみならず、“アダちゃん”への支持も拡大中だ。

さらに、日本版ポスタービジュアルデザインを手がけた大島依提亜が同じくデザインを担当し、漫画家・板垣巴留による特別描き下ろし漫画とイラスト2点が収録された劇場パンフレットは完売続出(順次再入荷中)、編み物アーティスト「編み物☆堀ノ内」、刺繍作家「小菅くみ」らクリエイターとコラボレーションしたトートバッグや刺繍キャップ等の日本公式グッズは購入希望者が殺到したことから、受注販売が決定するなど引き続き物販にも大きな注目が集まっている。受注販売の詳細はこちら→https://www.klock-store.com/product/search?q=LAMB

映画『LAMB/ラム』は大ヒット公開中。

作品情報

LAMB/ラム
2022年9月23日(金・祝)新宿ピカデリーほか全国公開

STORY
山間に住む羊飼いの夫婦イングヴァルとマリア。ある日、二人が羊の出産に立ち会うと、羊ではない何かが産まれてくる。子供を亡くしていた二人は、"アダ"と名付けその存在を育てることにする。奇跡がもたらした"アダ"との家族生活は大きな幸せをもたらすのだが、やがて彼らを破滅へと導いていく—。

監督: ヴァルディミール・ヨハンソン
脚本: ショーン、ヴァルディミール・ヨハンソン
製作: ノオミ・ラパス、マーシン・ドラビンスキ、ヘルギ・ヨハンソン
出演: ノオミ・ラパス、ヒルミル・スナイル・グズナソン、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン
2021年/アイスランド・スウェーデン・ポーランド/カラー/シネスコ/アイスランド語/字幕翻訳:北村広子/原題:LAMB/106分/R15+

配給:クロックワークス
提供:クロックワークス オディティ・ピクチャーズ

©️2021 GO TO SHEEP, BLACK SPARK FILM &TV, MADANTS, FILM I VAST, CHIMNEY, RABBIT HOLE ALICJA GRAWON-JAKSIK, HELGI JÓHANNSSON

公式サイト https://klockworx-v.com/lamb/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事