園子温監督とニコラス・ケイジという二つの才能の奇跡的な融合から生まれた痛快エンターテインメント 『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』より、クライマックスを飾るアクションシーンの一部が公開された。『キングスマン』で義足の殺し屋を演じたソフィア・ブテラが日本刀で渾身のアクションを魅せている。

アクション監督TAK∴「アクションより、アクションをやる時の気持ちを大切にしていた」

本作の舞台は架空の未来都市サムライタウン。悪名高き銀行強盗のヒーロー(ニコラス・ケイジ)はある日、街を牛耳る悪徳支配者ガバナー(ビル・ モーズリー)のもとから逃げ出したバーニス(ソフィア・ブテラ)を連れ戻すよう命令を受ける。いったんはその命令を拒んだものの、制限時間を超えると爆発するスーツを無理やり装着され、ゴーストランドまでバーニスを追う羽目に。決められた時間内にサムライタウンに戻らねば自身の命が危ない。ヒーローは無事時間内にバーニスを連れ戻すことが出来るのか?

このたび解禁された本編映像は、本作のクライマックスにて、バーニスがサムライタウンでひと暴れする、殺陣シーンの一部。

ヒーローの活躍によってゴーストランドからサムライタウンに戻ったバーニスは、まだ果たさなければいけない使命があった…。映像では日本刀を華麗に操るソフィア・ブテラのキレッキレのアクションを堪能することができる。

世界的ダンサーとして活躍していたソフィアは、女優として『キングスマン』で華麗なアクショーンシーンを披露し知名度をあげた、本作ではそのアクションだけではなく、アクション監督を務めたTAK∴が「アクションより、アクションをやる時の気持ちを大切にしていた」というように、渾身の演技でエモーショナルな本作のヒロインを務め、魅力を改めて世界に知らしめることとなった。映像の続きは絶賛公開中の劇場で確かめてみよう。

『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』は10月8日(金)より公開中。

作品情報

プリズナーズ・オブ・ゴーストランド
2021年10月8日(金)より、TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー

【STORY】
世界を牛耳る悪徳ガバナー(ビル・モーズリー)の魔の手を逃れたバーニス(ソフィア・ブテラ)をゴーストタウンから連れ戻すよう命じられた悪名高き銀行強盗ヒーロー(ニコラス・ケイジ)。決められた時間内にサムライタウンに戻らねば自身の命が危ない!ヒーローの運命やいかに?!

フェリーニ、ホドロフスキーに通じる悪夢的世界、マカロニウエスタン、チャンバラ、SF・・・ジャンルを横断する「フィクションならではの楽しみ」が映画から溢れ出る!不可能に挑戦し続ける、狂暴かつ強烈なふたつの才能の、奇跡的な融合から生まれた痛快エンターテインメントがここに誕生した。


監督:園子温
ニコラス・ケイジ ソフィア・ブテラ ビル・モーズリー ニック・カサヴェテス
TAK∴ 中屋柚香 YOUNG DAIS 古藤ロレナ 縄田カノン
脚本:アロン・ヘンドリー レザ・シクソ・サファイ 音楽:ジョセフ・トラパニーズ
原題:Prisoners of the Ghostland

2021/アメリカ/105分/カラー/PG-12 提供:POTGJPパートナーズ

配給:ビターズ・エンド

©️2021 POGL SALES AND COLLECTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事